マタニティヨガを自宅でやる時の注意点とDVDのおすすめ3選!

妊娠中の運動の一つにマタニティヨガを自宅するのが流行っています^^。

教室に通うのもいいですが自宅で好きな時間にできたらいいですね!

これからマタニティヨガを自宅でやる時の注意点とランキングで上位である人気のDVDを3つご紹介したいと思います。

自己流では危険なこともあるので、DVDや動画を見ながらポイントを守って行うのがいいと思います。

スポンサーリンク

先ず、マタニティヨガとは?

ヨガにはいろんな流派や種類があり、なかには頭で立つような難しいポーズだったり、息が切れるような激しい動きのヨガもあります。

マタニティヨガは、ヨガのポーズの中でも穏やかなもので、無理なく骨盤を開きやすくしたり、基礎体力を上げるなど妊娠中のデリケートな身体で行っても大丈夫なものです。

マタニティヨガは自宅でやりやすいのもいいですね!

★マタニティー関連の気になる記事です^^

自宅で出来るだけがマタニティヨガのメリット?

マタニティヨガは他の妊娠中の運動のスイミングやウォーキングなどと違って、自宅で好きな時に少しの時間から行う事ができます。

身体を伸ばして筋肉をほぐす事で足がつったり、腰痛になったりする不調を和らげます。

ヨガはゆっくりと深い呼吸で行うのでお産のときの呼吸の練習にもなり、リラックスして深い睡眠が取れるようにもなります。

自分の妊娠週や、その時の体調や気になる不調に合わせて時間やポーズの組み合わせを調節できます。

スポンサーリンク

マタニティヨガを自宅でやる時の注意点!

まず、妊娠初期はつわりがあったり胎児の成長が不安定な大事な時期なので、安定期に入るまでは避けます。

不安であれば担当医師の相談してから始める事をおすすめします。

目安としては安定期に入る妊娠5か月くらいから始めるのがいいと思います。

そして、自宅でやると最初のうちは張り切ってたくさんのプログラムをやろうとしがちですが、疲れたと思ったら中断、無理をしないことが大事です。

また、お腹が張る時というのは動きすぎたり、ストレスを感じているのが原因なのでゆっくり深呼吸だけするなど控えめにします。

時間帯は食前食後2時間は避けて、冷えないように滑らない五本指の靴下などを履くといいでしょう。

いずれも、DVDをよく観て注意などを守りましょう。

マタニティヨガDVDおすすめ3選

Amazonランキングで上位の、人気マタニティヨガDVDをご紹介します。

①DVD付き 安産のための体と心をつくるHappyマタニティヨガ

著者:大坪三保子  出版元:高橋書店

こちらは本にDVDが付いてくるタイプの本です。

妊娠中の不調だけでなく、実際出産時に役立つと人気です。

例えば、出産時の呼吸法や痛み逃しのポーズ、陣痛が始まってから出産までの体の変化も書いてあり、出産時の不安が減るようです。

本が付いているのでポーズの意味も詳しく理解できます。

著者の方は助産師であり、その経験を生かしたメンタル面や生活全般のことなどが書かれていて妊娠時の情報がつまっています。

②DVD付き 安産マタニティヨガ

著者:森脇じゅん  出版元:主婦の友社

こちらは、ヨガ講師をされている著者の妊娠体験記が面白いと評判です。

実際ご本人もヨガを続けながら出産されているので心強いですね。

さらに、写真が綺麗でわかりやすく、コースも細かく分かれているので、自分の体調や時間に合わせて選べることができます。

③マタニティヨガ お母さんとすこやかな赤ちゃんのために

出演:キャサリン・ライディング  販売元:クリエイティブ・コア

こちらの特徴は、オーストラリアの自然の風景で撮影され、落ち着いた音楽や声で、自宅にいながら自然を感じてリラックスできるようになっています。

ですがプログラムはしっかりしており、適度に汗をかいて、終わった後心地よい疲労感を感じつつ体のコリなどは楽になっています。

妊娠後期、産後のエクササイズも収録されており、長く使うことができます。

落ち着いたナレーションは心が落ち着き、深い眠りにつくことができます。

まとめ

マタニティヨガは自宅で手軽に始められ、続けるうちにインナーマッスルも鍛えられ、妊娠時以外でもメリットはたくさんあります。

また、ゆっくりとした呼吸や瞑想などで心もどっしりと落ち着いてきます。

妊娠時の運動に迷ったら、ぜひ上記のDVDなどを参考に少しずつでも初めてみませんか。

ヨガ関連の記事でマタニティーの参考になる記事を集めてみました。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!