農作業の服装が進化!【女性編】おしゃれ、かわいい服やアイデア!

女性の農作業時の服装についてまとめてみました。

女性にとっては特にマイナスイメージの強い農作業の服装ですが、中にはセンスがいいものもあります。

そしてこのページでは、おしゃれでかわいい服で代用するアイデアも満載に載せました^^

スポンサーリンク

最近、庭先でプチ栽培をしたり、貸し農園で週末だけ野菜を育てたり、本格的に都市部から農村部へ移住して農業を始める若い人が増えていますよね。

やっぱり身近な所で採れた野菜や米はスーパーマーケットで買ったものより新鮮で美味しく感じます。

自分で苗や種から育てているからこそ、より愛着も持てるのかもしれませんね。

女性が農作業時の服装に悩む。

農作業というと、イメージするのはもんぺだったり顔から首を覆う大きな帽子だったり、ちょっとおしゃれじゃないなぁと女性なら特に思いますよね。

だけど日に焼けたり、虫刺されや時には蛇が出たり、夏に暑いからといって薄着で作業するのはお勧めできません。

農作業の服装でどんな工夫ができるか?

どうしたら少しでもおしゃれに農作業できるのでしょうか。ということで、私が思いついたのはトレッキングなどの時に着るアウトドアウェアです。

同じ外で活動する目的で作られているので通気性や透湿性は抜群だし、何より色もカラフルでデザインもおしゃれです。

アウトドアウェアなら、春、夏、秋、冬とその季節用のアイテムがありますので一年を通して好きな服で作業できます。

農作業をする女性のためにさらにこんなブランドも!

さらに、今農業をする女性に向けたブランドも登場しているようです。代表的なものが「Sun 3 San」

女性向けにかっこよく見えるようにデザインされたつなぎや、汚れても大丈夫なナイロン製でできたストライプ柄のサロペットパンツ。

そして街でも使えそうなラフィアで出来たつばの広い帽子。

これはあご紐も付いているそうなので、実際農作業の時に風で飛ばされないか気にしなくても平気そうです。

こちらのページからSun 3 San(サンサンサン)の商品が見れます。

Sun 3 Sanの楽天の店舗です。

具体的に春・夏編

春は種まきや、お米の苗を植える時期です。

まだまだ夕方は涼しくなるといっても紫外線は強いので、アウトドアウェアの山登り用の長袖やスポーツウェアの長袖に足首まで隠れる伸縮性のあるパンツを合わせるといいと思います。

いくら伸縮性があるといってもデニムなどはしゃがんだり立ったりの多い農作業には向いていません。

それに汗をかくと身体に張り付いてとても不快です。

そして、なるべくつばの広く、ラフィアや麦わらなど通気性のいい帽子を被ると紫外線対策にもなります。

夏はぐんぐん草が伸び、夏野菜もぐーんと成長する時期です。

草刈りをする時にはやはり長袖と足首までのパンツ、帽子、そして安全のために長靴を履くことが大切です。

長靴も以前より種類も増え、カラフルな女性向けのものも増えましたので、なるべく丈夫なものを選ぶといいと思います。

また、日差しがきつい時期ですので、サングラスも必須アイテムです。

こちらもアウトドア・スポーツ用品、または量販店のUVカットグラスを使った眼鏡でもおしゃれに紫外線対策ができます。

具体的に秋・冬編

秋は稲刈りや畑を耕す時期です。

まだまだ昼間の日差しは暑く、夏の時期の格好で良いのですが、日が暮れると急に涼しくなりますので、もう一枚羽織れる上着などあるといいですね。

薄手のパーカーなどは脱いだり着たりしやすいので便利です。また、秋の初めは場所によって毒蛇(マムシ、ヤマカガシ・産卵期で攻撃的)がいたりするので足元は長靴が安心です。

冬は大根や白菜など冬野菜の収穫、玉ねぎの苗の植え付けなどがおもな作業です。

外で作業をしているとものすごく寒くなってきますので、しっかりとした軽くて暖かな上着、パンツの上にも防寒用のパンツを履くと随分寒さもましに感じます。

とても寒い時は最近いろんな量販店から出ている、軽くて薄いダウンジャケットなどを上着の間に着ると暖かいです。

まとめ

これからはどんどん地方が見直され、畑のある暮らしが増えていくと思います。

小さな野菜を育てていくうちに、土作りからしたくなったりお米も作りたくなったりと、やりたい事が広がって行った時に、自分が好きだと思える服装で農作業ができたらより楽しく続けていけると思います^^

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!