ハロウィンおばけの種類と名前を解説!定番と最近のトレンド!

ハロウィンのおばけの名前知っていますか?

種類はたくさんありますが、定番と最近の日本のトレンドも合わせて紹介しますね。

スポンサーリンク

そろそろ夏も終わり、ほんの少しずつ秋の気配が近づいてきていますね。

秋のイベントと言えば、ここ数年定番になってきたのが「ハロウィン」。

10月31日に開催されるこのイベント、実際、どんなものかご存じない方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなハロウィンの概要やお化けの種類、日本での楽しみ方について簡単に解説していきます。

是非ご一読下さい。

ハロウィン

そもそもハロウィンって??

ハロウィンの起源は古代ケルトまでさかのぼります。

古代ケルトでは、11月1日で暦が変わっていました。

そのため、前日に当たる10月31日に悪魔払いを行ったのです。

身を守るために仮面をかぶったり、火を焚く事で霊を呼び戻して悪霊を退散させる儀式を行っていたんですね。

これが移民によってアメリカに伝わり、時と共に大人も子供も楽しめるイベントに変化していきました。

本場では、未だに子供達がお化けや怪物に仮装してお菓子を貰っているようですが、さすがに日本ではそこまでいかず、かぼちゃ料理やお菓子を用意したり、ジャック・オー・ランタン(カボチャお化け)のアクセサリーを置く程度に収まっています。

■ハロウィンの人気お化けの種類と名前(ランキング)

1位:吸血鬼

日本でも有名ですね。

十字架と日の光に弱いとされているお化けです。

ちなみに「ヴァンパイア」は小説の中の固有名詞なので、一般的には「吸血鬼(ドラキュラ)」と呼ばれます。

黒いマントと牙が特徴的ですね。

スポンサーリンク

2位:魔女

魔女

画像出典:photo-ac.com

「魔女って化け物なの?」と思われがちですが、西洋的歴史から鑑みると、魔女も立派なお化けに分類されるんですね。

悪魔を召喚したり、黒魔術で人を苦しめたり・・・とにかく「善人に害をなす」存在として認識されています。

とんがり帽子と空を飛ぶ為のホウキがトレードマーク。

主に女の子に人気があり、仮装も様々です。

何となく、女子的印象では「憧れ」の存在になってしまうのですが、それは日本だけのようですので、お間違い無く。

第3位:オオカミ男

「月を見るとオオカミに変身してしまう」というオオカミ男。

元ネタは、別に月は関係ないそうです。

映画の設定として「月を見る」というキーができてしまいましたが、元々はどんな時でも変身してしまいます。

とはいえ、あまりにも一般的になってしまったのでほとんどの公式設定になってしまいました。

顔の辺りにわさわさと毛を生やしたかぶり物をしている子供、多いですね。

日本のハロウィン、どうやって楽しむ?

すっかり秋のお祭りとして定着してきたハロウィンですが、なかなか楽しみ方がわからない・・・という方もいます。

ここ数年急に日本でもハロウィンが認知されてきて世界からもびっくりされるような日本独特のハロウィンが形成されつつあります。

本場アメリカのハロウィンの様なおばけの種類ではないんですね~^^;

アニメのキャラクターとか何でもありなんですね。

なんと言っても日本の根強いコスプレ文化と融合して発達してきています。

その模様はこのイギリス在住の日本人のWさんが書いてくれた記事に詳しく書いています。

是非呼んでみてください。

ですが・・・

あまり難しい事を考えず、仮装をしたり、食事をちょっと豪華にしたり、とクリスマスの前哨戦のように楽しむ方向がいいと思います。

仮装は指定された場所、または自宅のみで楽しむのが賢明かもしれません。
(地域でイベントを行っているなら別ですが)やはり抵抗があるご近所さんもいらっしゃいます。

マナーには十分注意しましょう!

特に、最近では大規模イベントが各テーマパークや娯楽施設で行われています。

どうせ楽しむなら気兼ねなく!思いっきり楽しめる場所で仮装しましょうね☆

こちらの記事もよかったらどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!