固定電話への迷惑電話の対策!対応の仕方と迷惑電話対応電話機など。

今回は家に備え付けの固定電話への迷惑電話の対策の話題です。

その対応の仕方から最新の迷惑電話対策の対応した電話機などを紹介します。

スポンサーリンク

昔からある、いたずら電話や迷惑電話。

携帯電話は普及する前は、固定電話へそういった電話が多かったのですが、ケータイ電話が普及したことで一気に固定電話への迷惑電話は一旦減っていました。

しかし近頃また、お年寄りを狙った振り込め詐欺などが増え、また固定電話への迷惑電話が増え初めています。

こういった迷惑電話に悩まされたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

固定電話向けの迷惑電話の対策や最新の機器を紹介していきます。

■そもそも迷惑電話って何がしたいのか?その目的を知っておきましょう。

まず気になるところは、そもそも彼らは何をしたいのか?というところです。

いくつかパターンがありますが、大きく分けると二つです。

(1) 他の人の情報を聞きたい
(2) 既にあなたの情報は入手しているので、詐欺目的
(3) セールス目的

この3つだと言えます。

(1) 他の人の情報を聞きたい

の他の人の情報を聞きたい場合は、非通知ではなく電話番号が通知でかかってくる場合も多く、有名なのが、「ヤマト運輸」を名乗って、学校の名簿を聞き出そうとしたり・・。

落ち着いて考えれば、彼らがそういったことをすることは絶対にありえませんが、有名な名前である点から、信じてしまうのです。

(2)詐欺目的

この場合は、どこからか既にあなたの情報は入手済み。

名簿業者ってのがあるぐらいですからね。

固定電話でナンバーディスプレイにしている場合はもしかすると番号通知で何度もかけてきていることも。

気になって電話に出る場合は、詐欺であるかもしれないことを念頭に置いておきましょう。

いかにもあなたのことやご家族の事を知っているかのように話してきますが、そんなに急なこと、大切なことを電話で話すと思いますか。

(3)セールス目的

これは実際わたしのところにもかかってきます。

名簿業者が誰かから個人情報を買っている場合があります。

そして、メールマガジンに登録したりすると中にはそのメールマガジンの発行者がその様な名簿業者に名前とメールアドレスなどの個人情報を売る場合がとても多いんだそうです。

わたしは、どこでわたしの電話番号を知ったんですか?とか逆に質問します。

電話を掛けてくる人は、多分アルバイトやパートでやらされていることが多いと推測しています。

そのため、この質問を聞くとおどおどしてしまう人もいるし正直に名簿業者と言うのがあって・・と正直に答えてくれる人もいます。

わたしのところには・・

太陽光発電、掃除、投資関係などがかかってきます。

投資の話なら、生活がぎりぎりなので興味がありません。

太陽光発電ならマンション住まいなので、不可能ですよと先に答えます^^;

あとは、自分の電話番号とかを書いて資料請求をする場合、かなりしつこく何回も電話を掛けてくる業者もいるので怪しい業者には個人情報を書かないようにしましょうね!

スポンサーリンク

■迷惑電話対策機能がついた固定電話機で撃退!

こんな迷惑電話が昼夜問わずかかってきたら困りますよね。

しょっちゅう迷惑電話かかってきて困る!というあなたに朗報です。

彼らは人がいる時間やいない時間もたしかめたいので、バラバラな時間帯にかけてくるのです。

そんな場合には、最新鋭の固定電話がおススメです。

ナンバーディスプレイで、非通知であれば繋がらないようにすることは今までも出来ていましたが、最近人気なのは・・

(1) 電話がかかってきた際に、電話に出る前に注意を促すメッセージが流れる
(2) 決まったナンバーからの着信を拒否できる
(3) ボイスチェンジ機能搭載
(4) かけてきた人へは全て録音されている旨、メッセージとしてお知らせ

従来のナンバーディスプレイ機能は勿論のこと、焦ってすぐに反応してしまわないように、電話に出る前に、迷惑電話が多いので気をつけて下さいという一言が流れ、相手には迷惑電話防止の為に録音されているというアナウンスが流れます。

これによって、お年寄りの振り込め詐欺にあう確率がぐんと減ると思われます。

また、女性や学生の1人暮らしなどには嬉しいボイスチェンジ機能というのもできました。

相手には男性の声で聞こえるので、変な電話をとってしまった場合も、この機能があればすこし安心ですよね。

■固定電話への迷惑電話の対策のまとめ

参考になりましたか。今や固定電話、ケータイ電話共に迷惑電話対策が必要な時代となりました。

自身がだまされない為にも、また余計なことでストレスを抱え込まない為にも安心をお金で買うというのもありなのかもしれませんね。

■関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!