伊豆三津シーパラダイスの感想と口コミ【イベント、混雑情報も^^】

いきなりですが…皆さんは伊豆三津シーパラダイスをはじめとした、水族館に興味はありますでしょうか?

最近では「ダイオウグソクムシ」や「チンアナゴ」、場所によっては「カピバラ」など、口コミやネットでで注目が集まり、大なり小なり何らかの興味はあるのではないでしょうか?

もうすぐエキスポランド跡地にも、海遊館プロデュースによる「NIFREL(ニフレル)」と呼ばれる水族館がオープンします。

…つまり、水族館は増えているのです。

確か、マリンピア松島水族館が閉園になったと思ったら、この夏「仙台うみの杜水族館」がオープン。

少なくても、水族館は人気行楽スポットの常連ですね!

箱根温泉の記事がアップされたこともアリ、他の方の口コミを交えその流れで伊豆三津シーパラダイスを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

■伊豆三津シーパラダイス:訪問レポート

伊豆三津シーパラダイス①

★私について^^

ここでいう「わたし」ですが、まず「スナメリ」「イルカ」「ベルーガ」「ペンギン」…等の、いわゆる「海獣」が大好きな、年齢不群の一応女性です(笑)。

海獣が好きすぎて、日本全国の(海獣展示がある)水族館を見て回る事を、今もライフワークにしています。

その事を踏まえて、かなりの独断と偏見・主観が入っていますが以下のレポートを読んでいただけたら…と思っております。

★伊豆三津シーパラダイス、とは?

静岡県沼津市にある、「みとしー」との愛称で親しまれている水族館です。

日本で5番に開業し、現存している水族館では、日本で2番目に古く80年以上営業・飼育を続けています。

特に、ハンドウイルカ、セイウチ、ラッコを日本で初めて飼育始めた事でも有名です。

かつてはシャチも飼育していました。

地理的、環境的事前情報は殆どしなかったのもありますが、古さはなんとなく感じてはいました。

どことなく「二見シーパラダイス」のような「古さ」といいますか…(笑)。

しかし…ほどなくその「古さ」はある意味払拭されることに。

参考なまでに、入場料は

おとな(中学生以上)\1960   こども(4才~小学生)¥980 です。
水族館の平均的な入場料だとは思います。

【公式サイト】http://www.izuhakone.co.jp/seapara/

ちなみに、他の方の口コミです。

期待せずに入りましたが、自然と一体化したような独特の雰囲気や展示方法に驚き!とてもおもしろかったです。

特にイルカは近くで見れて、鳴き声なども聞こえました。

さほど広くもないのでショーなどみなければさくっと一時間以内で楽しめます。

最近はこ奇麗な水族館が多いですが、こちらは野性味あふれる水族館って感じです。

http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1019668-d1238133-r288120701-Izu_Mito_Sea_Paradise-Numazu_Shizuoka_Prefecture_Chubu.html#REVIEWS

★そもそも何故わざわざ伊豆三津シーパラダイスへ行ったのか?

伊豆三津シーパラダイス②

当初から、伊豆三津シーパラダイスを目的とした旅行ではありませんでした。

本来の目的は別の所にあり、そこから一番近い「水族館」は何処にあるのか調べたら…伊豆三津シーパラダイスだったわけです。

決め手は、カマイルカ、バンドウイルカの2種類のショーでした。

結果的に伊豆三津シーパラダイスは大当たりでした。

■イルカショーについて

★ショースタジアム

わたしが見たショーのはアシカとカマイルカでした。

時間は合わせて30分という…水族館のショーとしては時間も長く、珍しいと思います。

スポンサーリンク
アシカの「書道」

…まさか、ちゃんと読める「字」が書けるとは意外でした。

※直線のみで構成される漢字…「海」の1文字だけですが、ちゃんと「ハネ」も書けていたのは驚き。

イルカショー

「レズン」「アルク」「アルト」…カマイルカは、この3頭。

ジャンプ力もあり、身体能力の高さに目を見張り…何よりもカマイルカは移動がスピーディなので目まぐるしい印象もアリ…。

ちなみに、他の方の口コミです。

伊豆半島の付け根にある水族館。

規模は大きくありませんが、イルカ飼育の発祥の地だそうで老舗です。

入江にイルカやアシカを飼っている感じです。

字を書くアシカもいますよ。

近くに伊豆長岡温泉があるので、大人それも男性が多いのが心強かったです。

http://4travel.jp/domestic/area/toukai/shizuoka/numazu/numazu/tips/11615041/#contents_inner

★イルカの海ショーステージ

伊豆三津シーパラダイス イルカ海のショー

プールではなく、実際に海を舞台にしたバンドウイルカのショーです。

終始「すだち」「かぼす」この2頭バンドウイルカのショーでした。

身体能力の高さに圧倒され、トレーナーとの息もぴったりで、見ていてかなり気持ち良い内容でした。

イルカたちが楽しそうにのびのびとパフォーマンスしている…そんな印象があり見ていた筆者も思わずホッコリするという…

ちなみに、他の方の口コミです。

こんな穴場があったのかという感じ。

これまでいろいろな水族館に行きましたが一番行きものが生き生きしているように思いました。

地元の生き物が中心ですがイルカショーが楽しかったです。お得感があります。

http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1019668-d1238133-r317641218-Izu_Mito_Sea_Paradise-Numazu_Shizuoka_Prefecture_Chubu.html#REVIEWS

■イルカ関連のイベント

伊豆三津シーパラダイス イルカ

とにかく、ショー以外にもイルカ関連のイベントが非常に多いです。

2015/11現在、以下のイベントが開催されています。

1.ぷかぷかドルフィン
2.ドキドキイルカウォッチング
3.バンドウイルカにお魚をあげよう
4.カマイルカ観察会
5.カマイルカにお魚をあげよう

時期や季節によってイベントも変わるようなので公式サイトとでのチェックは必須です。

※各イベントの詳細は、公式サイト等でご確認願います。

■その他のイベント

★オットセイやアシカへのエサやりタイム

実際に一部海を堰き止めて、飼育展示しているので、彼らの自然な様子を観察することができます。

結構広いので、飼育員3人がかりでのエサやりタイムでした。

個体ごとの性格差もあり、結構面白かったです。

やはり、海を堰き止めての飼育場なので、彼らののびのびとした様子を見ているだけで、どこか癒される気持ちになります。

やはり、自然な方が良いといいますか…。

あんな広い飼育場(プールではないので)は、筆者は見たことはありません。

■その他の展示

「クラゲ」展示も人気ですが、どうもわたしは馴染めず…。

人気があり人も集まっていたのは事実です。

如何せん…わたしの目的は「海獣」なので他の魚たちには目もくれず…いや、時間の許す限り他の水槽も眺めていたのですが印象に残ったのはやはりイルカたちのショーでした。

不思議なのはペンギンの展示エリアでした。

オットセイやアシカは飼育展示されておるエリアの一部でしたがなぜか端に追いやられている状況…最初はペンギンがいるとは思いませんでした。

案の定、というべきなのか最新情報ではペンギンの展示エリアが改修されるとの事…これは楽しみです^^

伊豆三津シーパラダイスの混雑状況

伊豆三津シーパラダイス③

立体駐車場もありますが、オンシーズンはそれでも混雑します。

筆者が行ったのは夏休み後半の平日でした。

やはりオンシーズンではあります。

それでも…夏休みだったこともあり、家族連れ、子供連れ、わたしのような旅行者が多くショースタジアムでの観覧席は満員でした。

現在も週末等は割と混むのではないでしょうか?

ちなみに、他の方の口コミです。

夏の週末に行きました。

わりと混んでいました。

http://www.jalan.net/kankou/spt_22203cc3320040599/kuchikomi/0001048595/?afCd=&rootCd=&screenId=OUW2202

※ちなみにその駐車場ですが…大型バス15台、乗用車300台収容が可能です。
営業時間は17:00までです。

>>お得チケット、周辺グルメ編に続きます。

■関連記事、こちらもどうぞ!

伊豆三津シーパラダイス構内&周辺ランチ、レストランのおすすめ!

八景島シーパラダイス混雑状況【年末年始、冬休み、12,1,2月】

大久野島への旅行をレポート、世界的に有名な「うさぎ島」体験記!

■まとめ

かなり海に面した伊豆三津シーパラダイス…他の水族館に無い「開放感」がありました。

筆者が行った時期は夏休み後半の平日だったとはいえ、快晴とは言えない天候。

これが快晴だったら、それだけでかなり気持ちいいだろうなぁ…と、心底思いました。

あと、海で飼育されているオットセイ、アシカ…そして、バンドウイルカ達…あんなに生き生きとして、パフォーマンスしているのを見たのは初めてでした。

喜んでショーをしているのが伝わってきます。

とにかく、見ていて楽しいのです。

彼らの楽しそうにショーをしている姿が見る事が出来ただけで、気持ち的な意味で、かなり得した気分に思えました。

この写真では少々解りずらいですが

イルカの海で飼育されているバンドウイルカ…枝を咥えていて、通りすがる人に見せびらかしています(笑)か、かわいい…思わず、カメラに撮りました(笑)

正直、あまり期待していなかったのですが、そのギャップもアリ、かなり印象に残った水族館となりました。

イルカやその他の飼育展示されているオットセイ、アシカなど、自然に近い感じで見たい人にはかなりおススメできる水族館です。

イルカ好きは、是非!

見た目で侮ってはいけません(笑)絶対に後悔します(笑)

沼津、伊豆に寄る機会がありましたら、足を延ばしてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!