伊豆三津シーパラダイス構内&周辺ランチ、レストランのおすすめ!

伊豆三津シーパラダイスのグルメ、レストラン情報です。

といってもわたしがリサーチ・体験したものです^^

伊豆三津シーパラダイス園内から周辺(沼津駅まで)のランチにおすすめのレストランを紹介します。

もちろんディナーでもいいんですが^^;

それではどうぞ!!

スポンサーリンク

■伊豆三津シーパラダイス園内ランチ、軽食レストラン情報&体験記。

<軽食コーナー>

伊豆三津シーパラダイス 園内軽食コーナー

園内には軽食コーナーがあり、8種類のパスタと2種のセット、2種のサイドメニューが提供されています。

こういった施設内にあるグルメスポットにしては、かなり良心的な価格です。
セットでも税込み¥1000しません。

かなり、惹かれるものはあったのですが…(笑)

ですが、筆者はグルメに関しては他に目的があったため泣く泣く今回の利用は諦めました(笑)

<テイクアウトコーナー>

それでも、気になるグルメアイテムがあったので実食と相成ります。

「わさびソフトクリーム」

伊豆三津シーパラダイス わさびソフトクリーム

…名前だけを見ると、思わず罰ゲームネタか!と叫んでしまいガチですが、ほんのりわさび風味のするソフトクリームでした。

「みしまコロッケバーガー」

伊豆三津シーパラダイス みしまコロッケバーガー

…三島周辺のご当地メニューに「みしまコロッケ」があります。

その(認定された)コロッケを使ったバーガーです。

そういえば、三島を舞台にしたドラマ【○○】でみしまコロッケを扱ってましたね^^;

三島市のご当地グルメなんですね。

なぜ伊豆三津シーパラダイス(沼津)に?なのかは謎ですが(笑)。

揚げたてをコロッケだったのもあり、しっとりした食感も相まってかなりおいしかったです。

とてもおすすめです^^

スポンサーリンク

★伊豆三津シーパラダイス園外周辺超人気グルメ【ランチ、レストラン体験記!】

時間的余裕はあるなら、又は「海鮮モノ好き」なら、思い切って沼津港まで移動することをおススメします。

ちなみに伊豆箱根鉄道長岡駅まで、バスで30分、伊豆長岡駅~三島駅まで伊豆箱根鉄道で約22分、三島駅~沼津駅までJRで約5分。

沼津駅から沼津港までバスで約15分…筆者はこのルートで移動しました。

<かもめ丸>

【かもめ丸】沼津丼 桜海老のかき揚げ

※奥にあるのが「桜海老のかき揚げ」です。

「沼津丼」

…沼津港は様々な魚介類が水揚げされますが、特に「生しらす」「生桜海老」「あじ」は有名です。

この3種を使った「ご当地海鮮丼」…旨くないハズはありません。

しらすが生で提供とは、鮮度命なので漁港付近でしかありえません。

「グルメに関しては他に目的があったため」は、この「沼津丼」が目的でした(笑)

「海鮮物好き」な方は、是非おすすめです。

生シラスの方は、水揚げされてから数時間の搬送ですぐに色が変わってしまい、生では食べられなくなってしまうので、水揚げされている地域以外では食べられないそうです。

(http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000992/dtlrvwlst/37149596/)

「桜海老のかき揚げ」

…生桜海老を使った巨大かき揚げです。

生桜海老自体がお初でした…というより、生で提供できる鮮度って…。

揚げたてでの提供なので、旨いのなんのって…(笑)おすすめです!

別に頼んだ、桜えびのかき揚げは、沢山の桜えびを使用しており、なかなか豪快です。
えびの甘みも揚げる事で強調される気がします。

(http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000992/dtlrvwlst/6743777/?use_type=0&sby=D&srt=update&smp=1&lc=0&PG=&rvw_part=all)

かもめ丸

【参照サイト】http://www.senbon1kamome0.com/kamome0/

<沼津バーガー>

「金目鯛バーガー」

金目鯛バーガー

…文字通り「金目鯛フライ」をバンズで挟んだバーガーです。

バーガーでありながら、繊細な味は健在。

しっかり堪能できます。

注文を受けてからの揚げたてでの提供なので、少々時間がかかりますがその分、充分に満足できます。

身が柔らかく、ホクホクして まさに絶品
これなら2~3個食べられそうだ(笑)
金目の煮つけ、お寿司も好きだがバーガーも正解♪

(http://ameblo.jp/taiko1024/entry-11894983538.html)

「あじフライバーガー」

あじフライバーガー

…「あじフライ」をバンズで挟んだバーガーです。

青魚特有の味が炸裂。バーガーでも充分成立しています。

この癖のある味・風味…好きな人にはハマるのではないでしょうか?

あじフライは甘めのソースがかけてあります。
あとは千切りキャベツが入っていました。
パンは温めてありました。
定番の味なのと、熱々なのがよかったです。

(http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22022629/dtlrvwlst/5044563/)

「イカタコナゲット」

… 筆者には「揚げたて練り物」に思えました。

美味しいのですが、「ナゲット」ではない、かなぁ…。

「深海魚バーガー」

実は…「沼津バーガー」の一番の一押しは「深海魚バーガー」だったりします。

沼津バーガー

【参照サイト】http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22022629/

■そもそもなぜ沼津港??その訳は・・

三津シーパラダイスの体験記を数回にわたって書いているのですが、なぜ沼津港まで移動したのか?ということですが、それはここにはとてもユニークな水族館があるからなんです^^

実は沼津港深海魚水族館が存在します。

ですが、わたしは今回は行くのを断念しました。

理由は至極単純…すでに時間が無かったのと、海獣展示が無い施設が理由です^^;

ですが深海魚は、沼津港のウリの1つでもあり、「深海魚」に興味がある方は、沼津に訪れた際は立ち寄る事をおすすめします。

沼津港周辺は、グルメスポットやお土産スポットが非常に多く、事前情報なしで訪れると、まず迷うのは間違いありません。

事前情報チェック済みでの旅行をおすすめします。

■三津シーパラダイス関連お役立ち記事!

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、筆者の中では伊豆三津シーパラダイス=沼津港と、なせかセットになっています。

いずれも、いい意味で裏切られた、といいますか…目と耳で存分に「沼津」を体感した旅でした。

是非、伊豆三津シーパラダイスに立ち寄った際は、沼津港まで足を延ばす事をおすすめします。

独断と偏見がさく裂したわたしの長文レポートを読んでいただき誠にありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!