ふたご座流星群2015年12月15日前後の天気予報まとめ!

2015年ふたご座流星群が最高条件で見ることが出来ます。

暗いところだと1時間に100,200個以上の流星が見れる予想が出ています。

明るい都市部でも3~4等星の星が見えるところなら、1時間に30個が見れるといいます。

とてもわくわくしますが、肝心の天気ですね~

いくら好条件が重なったとはいえピークを迎える当日の天気がきなりますよね。

このページでは、各種天気予報を地域別にまとめて掲載します。

出来ればふたご座流星群がとても活発になっている13日ぐらいから夜空を眺めて流れ星を見てみてくださいね!

方位、時間、服装、見え方、見方、特徴などこちらにはふたご座流星群について分かりやすく解説しています。

是非ご覧になってください!

スポンサーリンク

■2015年12月14日、15日の天気予報!ふたご座流星群は見れるか?

今年2015年の夏、夏の風物詩といわれるペルセウス座流星群が好条件と言われていたにもかかわらず、そのピークの日は暑い雲に覆われました。

そんなこともあり、今年最高の条件となるふたご座流星群のピーク時間の2015年12月15日は大丈夫か?と心配している方もいると思います。

そこで1時間に見られる流星の数が10個を越えてくる10日からピークの15日にかけての天気予報を書いてまとめていきます^^

15(火曜日)に晴れない場合の保険としては、14日(月曜日)とか10日以後がおすすめです。

ふたご座流星群はピークを過ぎると急激に流星の出現が減るという特徴があるのでピークの後より前がいいんです。

それでは見てみましょう!

・12月11日(金曜日)

今日は朝方は雨でした。お昼過ぎから晴れだしたのですが、残念ながら夜になったら厚い雲に覆われました。

12日土曜日はは「晴れのちくもり」の地域が多いので11日金曜日の深夜から12日の朝方晴れ間があれば流星がみえるかもしれませんね!

家から時々出て空をみてみましょう!

19時現在・・・晴れのち曇り(那覇、高知)、晴れのち雨(東京)

http://weathernews.jp/map/

期待が持てますね^^

・12日(土曜日)

全国的に「晴れのち曇り」「晴れ」の地域が多いです。

特に青森、仙台、鹿児島、那覇が「晴れ」の予報です。

一方長野は「曇りのち雨」、松江、奄美、石垣は「曇り」となっていますね。

東京など関東は「晴れのち曇り」、あと北陸は「くもりのち晴れ」で13日以後は15日まで天気が悪いので12日の土曜日の早朝がチャンスかもしれませんね!

北海道、東北、関西、四国、九州はその限りではありません。

下記のページで自分の地域を確認してみましょう!

http://www.tenki.jp/week/

あなたの地域ではどうですか?

・13日(日曜日)

北海道から東北の主要都市で「曇りのち晴れ」の予想です。

釧路は「晴れのち曇り」

関東、北陸、中部は天気が悪いです。

他広島、高知、鹿児島では「晴れのち曇り」。

那覇は「晴れ」です^^

スポンサーリンク

・14日(月曜日)

この日もふたご座流星群のピークを次の日の午前3時に控えとても重要な日ですね!

北海道~東北は「晴れのち曇り」ですね。(仙台のみ曇りのち晴れ)

となっているので見れるといいですね。

ただ15日の天気の予想は悪いので天気は下り坂かもしれません。

関東から北陸、中部ですが「曇り」ですね。

名古屋は「曇りのち晴れ」となっています。

関西方面は大阪は「晴れのち曇り」ですが他の都市は微妙ですね~

九州は雨が降りそうです。

那覇、奄美は「曇りのち晴れ」ですが那覇など沖縄本島では13日までの是非見ておくべきかと思います。

・15日(火曜日)

残念ながら日本列島は雲で覆われますね。

全ての地域で「曇り」あるいは「曇りのち雨」という予報です。

出来ればピークではないですが、土日などにふたご座流星群を見ておくのが望ましいですね。

それでも大体1時間に10以上はみれるのではないでしょうか?

詳しくは↓

に書いています。

北海道・・・曇りのち雨あるいは雪

東北・・・曇りのち雨(仙台は曇り)

関東・・・曇り

中部・・・曇り

北陸・・・曇りのち雨

関西・・・曇り

四国・・・曇り(曇りのち雨)

九州・・・曇り

沖縄・・・曇り

http://www.jma.go.jp/jp/week/

流星群と望遠鏡

・12月9日(水曜日)

ウェザーニュースの週間天気予報によると9日の水曜日は札幌(北海道)、那覇(沖縄)が「曇り」である以外、他の地域は「晴れのち曇り」というところが多いです。

http://weathernews.jp/map/

ただし東京(関東)だけは「曇りのち晴れ」となっています。

北海道と沖縄を除いては、空に晴れ間が見える可能性が多いので流星がみえるかもしれませんね!

ですが、1時間あたりの流星の見える数が10日から2桁台にのると天文雑誌(天文ガイド等)で予想されていたので気になるのは10日以後15にまでですね。

・12月10日(木曜日)

あいにくの曇りとか雨でしたね^^;

この季節には珍しくわたしの住んでいる地域(東京都新宿区)では豪雨注意方が出ました。

————————————————————

北海道は釧路が「晴れのち曇り」、札幌、旭川が「曇りのち晴」です。

青森、秋田、仙台は「晴れのち曇り」なので東北では見えるかもしれません。

関東と北陸、長野は「曇りのち晴」で見える可能性はあります。

名古屋~九州の福岡までは「曇り」の予想、九州の他の地域と沖縄は「曇りのち雨」となっています。

http://www.jma.go.jp/jp/week/

■まとめ

2015年12月14日(月)15日(火)が晴れるといいです^^

みんなで『照る照る坊主』でも作りましょうか?^^;

安定しない天気が続きますので心配ですが、見れる人は粘って晴れ間を狙いましょう!

■関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!