12月1月2月冬のUSJユニバーサルスタジオの服装のおすすめ!

大阪市にあるテーマパーク…言わずと知れたUSJ。
2015年においては、国内で唯一入場者が増えたテーマパークとも。

で、12月この時期、クリスマスイベントが開催されています。
もうすぐ冬休みもあり、遊びに行く方々も多いのではないでしょうか?
…つまり、服装が気になる方々も多いのではないでしょうか?

大阪市の気候は…京阪神県内にしては暖かい方なのですが…
実は、冬のUSJはそれなりの「対策」が必要なんです。

スポンサーリンク

■USJ付近の気温の特徴

大阪市内、とはいえ中心部ではなく

USJは海沿いにあるため、夕方から夜にかけて風が強くなり、急に気温が下がってくる傾向があります。
これが理由で、真夏であったとしても、若干寒く感じる事もある、とか。

USJユニバーサルスタジオジャパン

(https://www.flickr.com/photos/hazuijunpei/8301869273/)

■気温の目安として【気温と服装の関係】

26℃以上   半袖でOK
21℃~25℃  長そでのシャツ
16℃~20℃  カーティガン等の重ね着
7℃~11℃  コート
6℃以下   コート+マフラー

男性の服の枚数+1枚多め=女性の服の枚数に該当します。
子供の場合、新陳代謝が激しいので男性の服の枚数で調度良いかもしれません。

こちらもすごく参考になりますよ!

■12月,クリスマス、カウントダウン時の大阪市内の気温・USJおすすめ服装

「気温の目安」に照らしあ合わせると7℃以下ですので。ジャケット、コートが必要です。
マフラー、手袋等の防寒アイテムも必須です。

<2014年の気温データ>
・上旬 …平均気温:6.4℃
・中旬 …平均気温:5.6℃
・下旬 …平均気温:6.7℃

・クリスマス(12/24)…平均気温7.4℃

2014年は比較的暖かかったのかもしれません。
ですが2015年も暖かいかというと…決して油断はできません。
防寒防水対策は必要でしょう。

・カウントダウン(12/31) … 平均気温8.1℃ 最適気温3.0℃
・カウントダウン(01/01) … 平均気温3.1℃ 最適気温0.3℃

特に明け方 3:00~5:00がかなり寒く、真夜中に出向く人は注意が必要です。
防寒防水対策はすべて必要でしょう。

スポンサーリンク

■1月の大阪市内の気温・USJおすすめ服装

「気温の目安」に照らし合わせると7℃以下ですので。ジャケット、コートが必要です。
マフラー、手袋等の防寒アイテムも必須です。

<2015年1月の気温データ>

・上旬 …平均気温:5.6℃
・中旬 …平均気温:6.3℃
・下旬 …平均気温:7.0℃

…感覚的に5℃以下になるのかな?とは思っていましたが…。
体感温度と数字とは、やはり違いますね。

■2月の大阪市内の気温・USJおすすめ服装

「気温の目安」に照らしあ合わせると7℃以下ですので。ジャケット、コートが必要です。
マフラー、手袋等の防寒アイテムも必須です。

<2015年2月の気温データ>

・上旬 …平均気温:5.1℃
・中旬 …平均気温:6.6℃
・下旬 …平均気温:7.3℃

一般的に一番寒い時期、と言われていますが
数字だけで見ると、1月とさほど変わらないですね。
ですが、油断は禁物です。
防寒防水対策はすべて必要です。

マフラー

(http://www.photo-ac.com/main/detail/115741)

■冬のUSJ必須服装アイテム解説

⇒インナー

高機能インナーは必須です。
昼は暑すぎると感じても夜の冷え込みは厳しいです。
上着を脱いで調節する気持ちでいましょう

⇒上着

寒さ対策を考え、ダウンを羽織っていくのがおすすめです。
パーカーでもいいでしょう。女性の場合はお尻が隠れるぐらいの高さがあるコートでもOKかも。
総じて風邪を通しにくい上着がベストです。脱ぎ着できる物を着ていくと便利です。

⇒パンツ

アトラクションに乗る事、また寒さが厳しい事を考えるとスカートは避けた方が無難です。
ミニスカートなんてもっての外…。

⇒ニット帽

頭の暖かさの為にあった方が無難ですが、園内でも可愛いモノが売っています。
それを買って満喫するのもおすすめ。
イヤーマッフルも同様かもしれません。

⇒両手が空くバック

両手が空く状態にしておくと園内は動きやすくなります。
リュックサックや、斜め掛けショルダー、ポストマンバック等がおすすめです。

ついつい、おしゃれに頑張ってしまいがちなテーマパークでの服装ですが冬場はおしゃれよりも機動性・防寒・防水に配慮した服装の方が無難です。
それでも「おしゃれ」に拘るなら服の配色、とか、ニット帽・マフラーなどの服飾雑貨アイテムに拘りを持つだけでも
かなりおしゃれにできるはずです。

■USJ冬の靴について

面積だけでいえば、USJはディズニーシーよりも狭いです。

ディズニーランド:面積 510,000㎡ ※東京ドーム約11個分
ディズニーシー:面積 490,000㎡ ※東京ドーム約10.5個分
USJ:面積 390,000㎡ ※東京ドーム約8.5個分

ただ、真ん中に人口の海があるのはシー同様、狭いといってもそれでも東京ドームの約8.5個分の広さが伊達ではなく無計画に歩き回ると、それだけで相当疲れる事に。
特に初USJの場合は、スニーカーやスリッポン等がおすすめです。
冬場は、足元から冷えるのでムートンブーツ・ショートブーツ等もおすすめです。
あと、レッグウォーマーも必須です。

コスプレ(?)等でどうしてもヒールが高い靴を履きたい場合は…
別途サンダル等の靴が必要でしょう。

■何といっても耐水対策が必要???(12月、1月、2月に限らず)

ある意味USJの特徴というべき…これは、季節関係なく必須です。
ジュラシックパークやウォーターワールド等、水にぬれるアトラクションが多いのが理由です。
レインコート、タオル、ビニール袋は持って行きましょう。
また、急に雨が降ってきた時の対策にもなります。

マフラー

(http://www.photo-ac.com/main/detail/145868)

■冬の服装・防寒対策における裏ワザ?

・可能であれば、マイボトル持参必須。
お茶などの暖かい飲み物を入れて、カイロ代わりに。

・パレードや屋外型アトラクションの見学の際に座って見る場合は、
ブランケットやポータブルクッションといった防寒アイテムも必須かもしれません。

・カイロを貼る位置…足裏・足首・腰・首下がおすすめ。
足首に巻き付けるタイプのカイロがある?

・USJは1年中、コスプレ…仮装で楽しむことを歓迎している、とか。ハリーポッター等マント等のコスチュームも、園内で売っているわけですし…

ちなみにディズニーランドはハロウィンの時だけとの事。

USJクリスマス

(https://www.flickr.com/photos/yosshi/323805362/)

■まとめ

京阪神圏内でも比較的暖かい大阪市内ですが、USJは海辺にあるがゆえに
海風がかなり強く、大阪にあることを忘れさせてくれるほどに、冬はかなり寒いです。

以前は、冬場でも、特に1月2月は年中通して比較的すいているという話も耳にしましたが
「ハリーポッター」のアトラクションがある現状は、決して空いているとは言い切れない状況だと思います。

もし、この冬USJに訪れる機会がありましたら
防寒防水対策の際は、上記の内容を参考にしていただければ幸いです。

楽しいUSJでの時間でありますように…。

■関連記事

冬(12月、1月、2月)並んで大人気のディズニーリゾートの服装の記事もまたUSJのこの記事とは違った切り口書いていますので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!