犬ジステンパーの犬以外の動物感染例!パンダだけでは無い!

犬医者
中国陝西省の野生動物の研究施設でパンダ2頭が犬ジステンパーに感染し死にました。
 
今回はパンダ感染がニュースになりましたが、犬以外他の動物あるいは人間には感染しないのでしょうか?
 
致死率が90パーセントというのはコレだけ聞くと恐怖ですね~
 
エボラ出血熱よりも高い致死率です。
スポンサーリンク

■犬ジステンパーが感染する犬以外の動物は?

犬、猫、イタチ、アライグマ、スカンク、アザラシ、ジャコウネコなどのほとんどの食肉目の動物が感染するようですが、とりわけ犬が感染しやすいそうです。

人間には、犬ジステンパーウイルスは感染しないとのことです。

フェレットもニュースになったことがある様です。

■霊長類が犬ジステンパーにかかった例。

ですが、カニクイザルが集団感染し30頭以上が死んだという事実があります。

これは日本でのことです。

霊長類には感染が無かった様ですが、2008年日本でこの様なことが実際起きています。

■日本オオカミ絶滅と犬ジステンパーの関係

日本オオカミが絶滅したことは、多くの人が知っていますよね。

日本の国民的アニメドラえもんでも日本オオカミの話がありました。

実は日本オオカミの絶滅の原因も犬ジステンパーが原因の1つではないかと言われています。

オオカミはイヌ科の動物なのでありえますね。

しかも致死率90パーセントでは、絶滅してもおかしくないです。

スポンサーリンク

☆他にも感染したらすごい致死率のイヌの病気に狂犬病がありますが、これも原因とされています。

こちらについてはまた別記事に分けて書こうと思います。

■アフリカ、タンザニアのライオン

タンザニアで100等くらいのライオンがわずか3ヶ月の間に死んだという事件がありました。

これもジステンパーが関係していたそうです。

水牛を食べたことにより、ライオンが寄生虫に感染し免疫力が落ちました。

そこにジステンパーが感染したということです。

ジステンパーの症状には神経系がやられるというのがあります。

感染したことにより異常な行動をとったライオンを食い止めるために他のライオンがかみ殺したということです。

恐ろしいです。

怖い話題でしたが、こちらも読んでほっこりしてください^^;

■編集後記

2015年のお正月、中国のパンダが4頭犬ジステンパーに感染し、そのうちすでに2頭が死んだというニュースを受けて書いています。

幸い、致死率が90パーセントを超えるこのウイルスは人間には感染しないようですが、鳥インフルエンザなんかでも変異して人間に感染するようになったしているのでちょっと心配ではあります。

犬好きとしては、予防接種で予防が出来るとはいえ、不安な点は全てぬぐえないですね。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!