ココナッツオイルの顔への効果は?使い方と手作りパックにも挑戦!

ココナッツオイルの顔への効果、効能そしてその使い方をまとめてみました。

ココナッツオイルを使ったマッサージ、パックなど使い方とその量、乾燥肌やシミ、シワ、ニキビ等への効果も調べてあります。

スポンサーリンク

■ココナッツオイルの顔への効果、シミやシワにも効果が見込める。

最近話題になっているココナッツオイルの効能は、アンチエイジング効果ですね。

抗酸化物質がたくさん含まれているので、肌に潤いをもたらしたりハリやツヤが出ます。

シワなどにもいいですね。

トコトリエノール(スーパービタミンE)が含まれているのでシワだけでなく、シミにもいいんです。

保湿化粧品として優れた効果が期待できます。

使い方のところでも書いてありますが、化粧水の前つければ化粧水が浸透しやすくなり、後につければ水分の逃し難くします。

あと、メイク落としとしても使えます。

■ココナッツオイルの顔への使い方。

・化粧水、乳液と併用する場合

この場合の順番は化粧水、乳液、ココナッツオイルです。

ココナッツオイルでなくても他のオリーブ油などでも同様です。

オイルやなるべく水分を肌に留めるために使うので油分が少ない順位に付けていきます。

ただ先にココナッツオイルを塗ってからスキンケアを行うと化粧水の浸透率が高くなるそうなので目的に合わせて試してみてはいかがでしょうか?

つまり

①水分を逃がさないために使う。

②水分の浸透率を高めるために使う。

です。

☆人によっては化粧水の前後に塗っている方もおられますし、化粧水や乳液に混ぜて使うことを推奨している方もおられます。

参考:ココナッツオイルの基本的な使い方。

・ココナッツオイルだけ塗る場合。

あまり付け過ぎずベタつかない程度につけるのがよい様です。

ココナッツオイルを適量すり込んで軽くマッサージします。

時期によって、もともとの肌が油肌だとベタつくこともあると思いますがそうしたらティッシュなどで吸い取ってください。

■ココナッツオイルの顔への使用量は?

基本オイルを塗りすぎるとオレイン酸の影響で毛穴が大きくなるといわれています。

適量を守ってください。

付けすぎたらティッシュオフをします。

スポンサーリンク

■パックとしてココナッツオイルを使う。

こんなに優れたココナッツオイルですが、ココナッツオイルのパックがあたっらいいと思いませんか?

探していたら手作りのパックがあったので参考にしてみてください^^

ココナッツオイルとハチミツを使った超簡単美白パックの作り方。

とてもユニークですね。

ハチミツとの組み合わせは食用としてもすごくいいそうです^^

■ココナッツオイルを顔に使うとニキビが出来る?

ココナッツオイルだけに限らず言えることですが、普通肌や脂性肌の方がたくさんオイルを塗るとニキビが出来ることがあります。

べとつかない程度に留めるといいと思います。

■ココナッツオイルをメイク落としてとして使う。

ココナッツオイルを顔に染み込ませ水で洗い流します。

メイクはオイルで落としますがココナッツオイルも同じ使い方が出来ます。

■関連記事

関連した記事です。

よろしかったら読んでください^^

■編集後記

ココナッツオイルはアメリカのセレブの方がこぞって使い始めてから日本でもすごく人気ですね。

ナチュラルローソンなんかでは入って正面に置いてありました。

ミランダ・カーさんなどがたくさんの著名人が美容につかっていますね。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!