こども、幼児におすすめの雪遊びスポット7選関西版!日帰りも可。

小さいこどもや幼児が安心してスキーデビューできる、安心して雪遊びができるスポットの紹介シリーズ(?)関西版です。関西圏とはいえ、雪が降るエリアは必然的に限られてきます。

スポンサーリンク


特に和歌山や大阪は、残念ながら気候的に難しいエリアです。

主に、その大阪から日帰りで、しかも電車移動が可能な雪遊びスポットを紹介させていただきます。

雪遊び
photolibrary.jp

■滋賀県の雪遊びスポット3選!

⇒奥伊吹スキー場

「ちびっこゲレンデにある「サンキッドギャラリー スノーエスカレーター」は有名かも。

雪遊びする親子連れに好評で、かなり満喫できる、できる。

3連休の最終日に混雑覚悟で参戦したけど、リフト待ちもそれほど混んではなく充分堪能できるよ。

残念ながら、雪質は重かったけど、子供にとって雪質は全く関係ない(^O^)/

休日の奥伊吹参戦は初めだったけど、オンシーズン休日がこの程度の混雑なら充分雪遊びができる!天候が良く、気温の低そうな日がおすすめです!」
…と、筆者の知人が申しておりました(笑)
・電車…JR大阪駅からJR近江長岡駅まで、新快速+各駅停車乗り継いで1時間40分⇒シャトルバスで移動(40分)
・日帰りバスツアー…詳細はコチラ

⇒マキノ高原スキー場

「この冬初めてのこどもたちとの雪遊びといえば、ここと決めています。
小さいこどもがソリで遊ぶエリアや、かまくら作りや雪だるまを作ったり…祝日に行ったけど正解だった!もう少し上へ行くにつれ雪はフワフワ、こども達はお約束のダイブ!
お手洗いも施設の中でとてもキレイ、暖房が効いた暖かい場所でご飯も食べられる!
ここへ来るたびに、また今度もと思うので、雪遊びはいつもマキノ!」

…という声も、以前に筆者の知人から聞いた記憶があります。

現在では、リフトを全撤去し「雪遊び」や「ソリ遊び」、「スキーデビュー」等
『お子様&ファミリーゲレンデ:子ども王国』に変貌していたのは、意外かも。

・電車…JR大阪駅からJRマキノ駅まで新快速で1時間35分⇒JRマキノ駅からバスで10分

⇒琵琶湖バレイ

関西からの日帰りスキー場の定番といえばここ「琵琶湖バレイ」。

ロープーウェイで上がってすぐのエリアにこども専用「スノーパーク」があります。

昔から、こども連れにやさしいスキー場です。

・電車…JR大阪駅からJR志賀駅まで、新快速+各駅停車で1時間10分⇒JR志賀駅からシャトルバスで10分

スポンサーリンク

■兵庫県の雪遊びスポット3選!

⇒若杉高原おおやスキー場

「おおやスキー場へは、毎年家族で行ってるけど、楽ちんベルトのおかげでこども達はかなり楽しんでる。託児所も完備され、ますますこども連れに優しくなってる。
また、ソコソコ滑れるおとなのスキーヤーは、モーグルバーンもありますので純粋に楽しめますよ。
ただ、難点といえば、auは電波が全く入らないんで、auユーザの方は気を付けた方が良いかも。」
…関西に住んでいる、知人のコメントでした(笑)

この冬は、暖冬の影響で一部しかオープンできていない状況です。

・車…大阪より、舞鶴若狭自動車道 経由で 2時間20分

⇒ハチ北高原スキー場

近畿のスキー場ではゲレンデ面積は広いかも。こどもから上級者まで幅広く楽しめるスキー場です。

しかし、休日は結構混むかもしれません。

駐車場は旅館街の駐車場の方が、少し安くおすすめです。

・電車…JR大阪駅からJR八鹿駅まで約2時間20分⇒スキー場まで、バスで55分

⇒ばんしゅう戸倉スノーパーク

「ばんしゅう戸倉スノーパークは、ちびっこゲレンデとファミリーゲレンデがあると聞いていたから、初めて行ってみた。

ちびっこゲレンデは雪遊びやソリ専用なので、安心してこどもたちを遊ばせることができてよかった。

ファミリーゲレンデには動く歩道があるので、リフトに乗れないこどもも安心して練習できる、と喜んでいた。

イメージキャラクターの「とく子」ちゃんに、こどもが会いたがってるから、多分また行くことになると思う。

月1度、こどもサービスデイがあるから、事前にチェックして行くのもお得で良いかもしれない☆」

…神戸に住んでいる知人から、去年の冬でのコメントでした。

現在、暖冬の影響でオープン延期状態です。

・車…大阪より、中国自動車道 経由で 2時間10分
・日帰りバスツアー…詳細はコチラ

番外編…■大阪府■

⇒ひらかたパーク(スケート教室)…スケート教室告知ページ

⇒ひらかたパーク…公式サイト

「スケート教室2日間コースに参加。
こどもの入場料や貸スケート靴代込みで、スケート教室代金(3500円)が超格安!!
こども1人につき、付添いの大人2人分の入場料や駐車場も無料…かなりお得ですよ。
夜はイルミネーションが見れて最高!!」

今年の初め頃、こんなことを言っていた友だちがいましたなぁ。

ひらパーのスケート教室に参加したいなら、11月以降にまずサイトをチェック。

そして、希望の曜日とコースを選択して応募。抽選後に連絡が来ます。

「雪遊び」ではないですが「氷遊び(といってもスケート教室ですが)」スポットなら大阪にも。

興味がありましたら、1度スクール体験しても良いかもしれませんね。

■まとめ

…この冬の暖冬の影響で年明けても、まだオープンしていないスポットが非常に多いです。

関東でのスポットよりも、多いのではないでしょうか?

普通にスキー場ならあるのですが、…京都や奈良にはこどもが安心して「雪遊び」ができるスポットが無いのが意外でした。

大阪でも紹介したのは「氷遊び」ですし…。

兵庫や滋賀県に集中するのは仕方が無いのでしょうか?

この冬、お子様のスキーデビューを考えているなら、公式サイト等で降雪情報等を確認しながら、出向いた方がより確実だと思います。

楽しいスキーデビューができますように…。

■関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!