雪遊びの服装、靴、おすすめグッズ!【子供、幼児の持ち物まとめ】

「風邪ひきの心配がないくらいに準備万端で雪遊びができる」を念頭に、雪遊びする際の子供、幼児の服装や靴、おすすめグッズ・アイテムなど、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

先ず何よりも、最低でも濡れ対策と汗対策は万全に!

タオルや着替えなどは多めに、カイロや手袋などの暖房・防寒アイテムも充分に。

ママに関しては、忘れがちなのが「日焼け対策」ですね^^;
雪の照り返しで、夏に近いぐらいに紫外線を浴びるというデーターも。

雪遊び 服装
(参照:photo-ac.com)

■雪遊びの理想の服装は?

理想の服装は、「雪の中に座りこんでも濡れる心配がなく暖かい服装」がベストです。

その観点だと、具体的には「スキーウェア」や「スノーボードウエア」ともいえます。

しかも、最近の子供用のウェアはサイズ調整機能があるので、長期間の着用が可能なのです。

■おすすめの幼児・子供の雪遊び服装は?

スキーウェアでも、つなぎタイプとセパレートタイプがあります。

つなぎタイプは、トイレ時等面倒くさいと思われがちですが、最近はファスナーの位置などかなり工夫されていて、全力で脱がなくてもトイレが可能なタイプもあるんです。

⇒スキーウェアの一例(つなぎタイプ)

(rakuten)

<スキーウェア(つなぎタイプ)の良い所>

・全力で寝ころんでも、軽く雪に埋もれても雪が服の中に入りにくい。
・雪が入りにくいので、中のお洋服が濡れにくく風邪をひく心配が軽減される。

いわゆるジャンプスーツです。

子供でも4歳~5歳くらいまでならつなぎタイプがおすすめです。

なにせ寝っころがったりして、本気で全身使って「雪遊び」する年頃…(笑)。

⇒スキーウェアの一例(セパレートタイプ)

(rakuten)

<スキーウェア(セパレートタイプ)の良い所>

・トイレがしやすい。手間取ることがありません。
・脱着が楽。室内などで上着の着脱等での温度調整可能。

年長さん~小学生…いわゆるスキーデビューする頃はセパレートがおすすめです。

スポンサーリンク

■幼児・子供は冬でも汗っかきだということを忘れずに

先人の言葉ではないですが、「子供は風の子」…冬だろうが、雪の中だろうが何だろうが、とにかく走り回る子供が多いと思います。

つまり…下手に厚着をしていると、子供は走り周る故にたくさん汗をかき
思わぬ風邪をひいてしまうこともしばしば…。

必要以上に厚着にならないように!気をつけましょう!

服の素材も、なるべくなら綿素材は避けた方が無難。

理由は、綿素材は一旦濡れるとなかなか乾かずそのまま冷たくなる場合が多く…、風邪をひく原因になりかねません。

やはり、ヒートテック等の子供用の高機能インナーをおすすめします。

■雪遊びの準備アイテム

雪遊びをする際は、実は服装以外でも注意しなければいけないことがあります。

濡れた時の事を考えて用意周到な準備をすることが大切となります。

<雪遊びの準備アイテム:幼児・子供用>

・帽子(防水対策万全に!ニットもおすすめです!)
・手袋(充分な替えも必要かも)
・靴は、スノーブーツ(あれば問題なし、長靴より滑り難くて安全)
・濡れた物を入れる袋(ジップロックなど)

<雪遊びの準備アイテム:大人用>

・水筒…というよりマイボトル(温かい飲み物がおすすめ)
・テントやシート等(休憩やサッと食事ができるように)
・おやつやおにぎりなど(子供たちの小腹がすいた時に)
・小さいジップロック(ある意味財布代わり…カバンが持てないことが多い為)

体が冷えないように、なるべくなら温かい飲み物を持参するように。

確かに自販機等はありますが、考える事は皆同じ…売り切れている事が多いとみて良いでしょう。

いつでも暖かいモノが飲めるように準備することに越したことはありませんね。

■幼稚園での雪遊びの服装は?防水スプレーやレンタルも。

例えば、普段は雪遊びはしない場合、幼稚園での雪遊びの為だけにスキーウェア等を用意するのは、確かに不経済です。

幼稚園の保育中の雪遊びといっても、1時間も遊ばせないと思われます。
※子供たちの身体を冷さない為。

・普段着用している服装に、防水スプレー等で防水加工をする。
・可能なら、ダスキン等でスキーウェアのレンタルを利用する。

いずれも、靴下や手袋、下着やズボン等の替えも忘れずに。

「服は防水用ではなく、濡れた時用に予備を用意したい」と保育士に伝えたうえで、降園時に予備を着せてもらう方法もアリと思われます。

■雪遊びでの、パパやママのおすすめの服装は?

スキーなど、子供と一緒に遊ぶ場合は、やはり「スキーウェア」や「スノーボードウェアでしょうか?

子供と遊ばない場合は、ダウンジャケットで充分ですね。

…お持ちですよね?

防水対応のアウトドアジャケットがあるなら、なお良し。

下にヒートテックを着込めばOKかも。

また「タイツ」もしくは「レギンス」の上に(防水対策をした)パンツを穿く。

靴下は当然「分厚い靴下」

靴は…特に現地においては「スキーブーツ」!

要は「完全防寒対策」です(笑)

<雪遊びでのパパママのコーデのまとめ>

・「スキーウェア」や「スノーボードウエア」が理想
・タイツやレギンスの着込みは必須。防寒対策は忘れずに。特に足先や足首は冷さないように。
・移動の際の衣装は事前に防水スプレーで対策を。
・靴下の替えは充分に用意。可能なら靴の替えもあればなお良し。

■まとめ

今年の冬は…全国的に暖冬傾向です。
北海道や東北のスキー場でも、年明けにシーズンオープンしたスポットも結構あるようです。
中には未だに「積雪次第シーズンオープン開始」な場所もあったり…。

しかし、小さい子供はそのような事情(?)は関係ありません。
雪を見るとテンションが上がるのは子供の共通事項。
雪遊びしたがる子供に、暖冬は関係ありません(笑)

冬、スキーシーズンはまだまだこれからです。
お子様もパパやママも、風邪をひかないように、防寒対策万全に
心行くまで雪遊びを堪能してください。

■関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!