吸盤が復活する4つの方法を伝授!これすごく役立ちます^^

吸盤

https://www.flickr.com/photos/ 131515424@N03/17130936748/

知っておくと非常に役立つ吸盤復活の方法が分かります!
正攻法からなるほど!と思わず唸ってしまう意外な裏技までご紹介します^^
どれを選ぶかはあなた次第です。

スポンサーリンク

例えば、洗面台周りにある「タオル掛け」,場合によっては「ハンガーフック」「スマホスタンド」なんていうアイディア商品も。
最近は「吸盤付き手すり」なんてものもありますよね?

…今や、あらゆる商品に使われている「吸盤」… でも
いきなり吸盤力が落ちてしまうことって、ないですか?

古くなった吸盤を見てみると…。

お椀のような膨らんだ湾曲が、すっかり平たく変形しています。

またその吸着面が僅かに凸凹していたりして、ザラついています。

吸盤の吸着力を復活のためには、平たくなった状態をお椀のように復元させる必要があります。

吸盤力復活の方法

1.吸着面の、経年等で凸凹した部分を埋める考え方です。

⇒貼り付ける前に、吸着面に〇〇○を塗ります。

以下の液体、クリーム等がおすすめです。

・サラダ油
・アルコール
・石鹸水
・ワセリン
・ハンドクリーム…米粒大の量を吸着面に塗ります。
・手ピカジェル…サラダ油等はカビるので、手ピカジェル(殺菌作用があるため)はオススメです。

2.変形した吸盤を元に戻します。

⇒加熱する

・小鉢などにお湯と吸盤をいれ、30秒~1分程電子レンジで加熱。

時間はワット数にもよります。

加熱しすぎると、吸盤が変形したり変色したりして注意が必要です。

・70℃のお湯に1分ぐらい付けたあと、洗剤等で軽く洗います。

・吸盤を、ドライヤーで温めます。

スポンサーリンク

吸盤復活の方法【裏ワザ】

3.荷造り用のテープ

貼り付ける場所は、ツルツルしていることが重要です。

バスルーム等のタイルなどは、無数の細かい穴があり、厳密には「ツルツル」しているわけではありません。

⇒タイル面など、貼り付ける面に荷造り用の透明テープを貼ります。

その上で吸盤を貼り付けると外れにくくなります。

4.車などのサンガードの場合は洗う^^;

⇒汚れている場合…洗剤でよく洗います。

一晩漬け置きしたほうが汚れが良く落ちます。

日光等で変形・劣化している場合…基本的に性能の回復は望めません。

それでも付けたい場合は水性の接着剤を塗って押し付けてください。

アロンアルファ等の接着剤などは絶対に使わないでください^^;

ハンドクリームも跡が残るのでサンガード等の場合はおすすめしません。

吸盤の復活だけじゃない!手ピカジェルの意外な使い方?

手ピカジェルは、ジェル状のアルコール消毒剤。

いわゆる手指の消毒ジェルと同じものです。

ヒアルロン酸配合なので保湿の心配ありません。

吸盤復活に使える理由がここにあります。

⇒以下、意外な手ピカジェルの使い方、です。

・シミ抜き…インク染み等に有効です。
・シール取り…やりすぎると材質を傷めたり、色落ちしたりするので注意です。
・胡粉ネイル落とし…流行っている、といわれる京都の胡粉ネイルを落とすのに有効だとか?

まとめ

吸盤に限らず、耐久消費材は寿命があると思います。

明らかに数年以上使った上に変色変形しているもの、特に水回りのアイテムはやはり取り替えどきではないでしょうか?

しかし、耐久消費材だったとしてもお気に入りアイテムの場合は長く使いたいですよね?

その場合は…定期的に手入れしながら、紹介した方法等で出来るだけ長く使えたらと思います。

物はやはり大切に使いたいですよね…。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!