ヘンプシードの期待できる5つの効果とチアシード、キヌアとの比較!

前回はヘンプシードについて、食べ方や摂取量など、基本的な情報等を紹介させて頂きました。

今回は同様の他のスーパーフード、「チアシード」「キヌア」と比較しつつ、今回はもう少し突っ込んで、ヘンプシード摂取による効果、また摂取によるメリット・デメリット等を述べさせて頂きます。

スポンサーリンク

様々な効果が期待できるスーパーフードの1つですが、メリットと得てして食品であるがゆえにそれなりのデメリットは、やはりあるんですね。

https://www.flickr.com/ photos/jeepersmedia/16016121918/

ヘンプシードの期待できる効果と、摂取することによるメリット・デメリットは?

「麻の実ナッツ」とは、別名「ヘンプシードナッツ」「ヘンプシード」とも呼ばれ、大麻(ヘンプ)の皮を取った「中身」のことをいいます。

「麻の実油(ヘブンシード・オイル)」は、この中身を絞ったものを意味します。

◎メリット

①良質なタンパク質(=アミノ酸)が豊富。

20種類のアミノ酸を含み、この中に9つの必須アミノ酸が含まれています。

この必須アミノ酸は体内では作ることはできません。

ちなみにタンパク質はアミノ酸に変化します。

タンパク質は、免疫を高め、毒物を排出し、病気になりにくい…つまり健康になるはずです。ちなみに、このたんぱく質は消化が良いとか。

②良質の脂肪分が豊富。

必須脂肪酸のひとつ、オメガ6(リノール酸)とオメガ3(α-リノレン酸)が3:1という理想的な割合で含まれています。

③ミネラル、ビタミン7、植物繊維が豊富です。

④フィチン酸がありません。

フィチン酸はミネラルの摂取を妨げます。大豆にはこれがたくさん入っています。

⑤アレルギーを起こしにくい

ナッツや大豆がだめな人には朗報です。

スポンサーリンク

×デメリット

ヘンプシードのデメリットは以下のものがありますが、要するに程ほどに食べましょうということですね。

①食べ過ぎるとおなかが緩くなる

②食べ過ぎて太ってしまう。

1日の目安の摂取量に関して詳しくは下記のページをご覧ください。

他のスーパーフードの期待できる効果は?

チアシード

主にメキシコ等の中南米で栽培されている、シソ科サルビア属ミントの一種果実の種です。

古代マヤ民族、アステカ民族の時代から主要な栄養源のひとつとして栽培、他の穀物を混ぜ込んだり、水を加え食べられていました。

・メリット

たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛等…)、ビタミンB、食物繊維、αリノレン酸等を豊富に含んでいます。

チアシードのオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)含有量は、フラックスシード、エゴマよりも多いとの事です。

・ダイエット効果が期待できる

お腹の中でかなり膨張するらしく、これを食べたり飲んだりするだけでお腹がふくれるといった優れもの。

・美容効果が期待できる

食物繊維も多く、オメガ3脂肪酸にはお肌をみずみずしく保つ効果、また老化の素になる活性酸素を除去してくれるので、美肌効果も期待できます。
・デメリット

・発芽毒がある。

発芽毒…玄米等にも含まれている発芽抑制因子「アブシジン酸(ABA)」です。

植物の発芽を調節している植物ホルモンで、ヒトのエネルギー代謝に関連する細胞小器官である「ミトコンドリア」にとっては毒になると言われています。

その結果、免疫が低下、不妊、ガン、冷え症、むくみ、肥満、アレルギー、生理不順・生理痛、慢性疲労症候群…等の症状は発現します。

キヌア

栄養バランスに優れた、健康的な体調管理に適する南米産の食材。

必須アミノ酸をすべて含み、また各種機能性も豊富で完全食品とも称されます。

穀物ではありません。

・メリット

・女性ホルモンと同じ働きが期待できる。

中年以降の女性に多い骨粗しょう症を防止する上で重要な因子と言われているカルシウムも多量に含みます。

淡白な味、特徴的な食感、レパートリー豊富なレシピ、そして類まれな栄養バランスを保持することから、自分や家族の健康に気を遣う女性の味方であると言えます。

・ダイエット効果が期待できる。

低カロリーでかつ満腹感もあり、白米の約10倍の食物繊維が含まれており、便秘解消にも有効です。

・デメリット

赤血球を破壊する性質(溶血性)があるサポニンを多く含む。
キヌアの種子はサポニンで覆われており、そのままでは苦くて食用には適しません。

ヘブンシード・チアシード・キヌアの比較まとめ。

 

ヘブンシード

チアシード

キヌア

具体的いえば何?

・麻の実
・麻の実の皮を取った中身の事
・パウダー状や、ミルクもある

・メキシコ等中南米で栽培されている果実の種
・シソ科サルビア属ミントの一種

・栄養バランスに優れた南米産の食材。
・穀物ではない。

主な栄養素

・銅・鉄・亜鉛・マグネシウム
・必須アミノ酸(オメガ3、オメガ6

・たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB、食物繊維、αリノレン酸
・オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)含有量はフラックスシードやエゴマよりも多い。

・必須アミノ酸をすべて含み、また各種機能性も豊富で完全食品とも称さる。

保存期間

・開封後8週間以内を目安に食べ切る事

 

 

期待できる効果メリット

美容効果が期待できる。
銅・鉄・亜鉛・マグネシウム…貧血、めまいの改善、お肌の調子を整え、骨の形成にも必要。
・トランス酸コレステロールは含まれていない。つまり、悪玉コレステロールが増えにくい。
対ストレスに有効。
必須アミノ酸中性脂肪を抑える働きがある。
必須アミノ酸(オメガ3、オメガ6…脳の活性化、成長、脳の成熟を促す

ダイエット効果が期待できる。
美容効果が期待できる。

女性ホルモンと同じ働きが期待できる。
ダイエット効果が期待できる。

注意すべきデメリット

・摂取しすぎると、お腹が緩くなることがある。

・摂取しすぎると太ってしまう。

・そのままでも食べられるが、生のまま食べるのは発芽毒があるため危険。

  

・赤血球を破壊する性質(溶血性)があるサポニンを多く含む。

その他

・基本的に薬物の大麻と同じ。
・乳児に対しては9か月目あたりからティースプーン1/3程度から、徐々に与える。

・「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」と称される程の超スーパーフード。

・宇宙食の食材の1
・世界的なブームによる価格高騰から、産地では消費出来ない様相になっている。

まとめ

「ヘブンシード」「チアシード」「キヌア」…スーパーフードと云われるだけあって、それぞれにかなりの栄養価を誇ります。

それだけに、得てして摂取することよってのメリット・デメリットもあり、どれも甲乙はつけがたいのが実情です。

スーパーフードと言え「完全食品」ではないので、…その時々で、自分の体調に合ったモノ相性がいいモノを効率的に摂取すれば、と筆者は思います。

うまく取り入れて、あなたの健康と美容にサポートにいかがでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!