京都鉄道博物館の展示車両注目度ランキング!1位はやはり○○!

京都鉄道博物館のグランドオープンまであと1か月半

展示車両の詳細は…内覧会レポートがアップされるまでは解らないかな?と思っていましたが、すでに京都鉄道博物館の展示車両の詳細がすでに発表されています。

私の独断と偏見の感想を交えながら(笑)京都鉄道博物館の展示車両注目度ランキングをご紹介させていただきます。

こちらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

京都鉄道博物館展示車両注目度ランキングベスト5!

☆注目ランキング第1位: 新幹線

新幹線500系

そのデザイン性から、500系は未だに人気です。
0系新幹線に関しては、懐かしいと思う人も一定数いらっしゃるのではないでしょうか?

・0系21形1号車
・0系16形1号車、
・0系35形1号車、
・0系22形1号車

いわゆる「0系新幹線」

私にとっての新幹線は未だに「0系」です。

世代がバレますね(笑)実際に乗り始めたのは100系からですが…。

・100系122形5003号車

いわゆる「100系新幹線」「グランドひかり」といえば解り易い人も?

・500系521形1号車

いわゆる「500系新幹線」と呼ばれているモノです。

現在JR西日本で「EVA新幹線」として運行されているのも500系です。

☆注目ランキング第2位:トワイライトエクスプレス

トワイライトエクスプレス

2015年3月に引退した寝台列車。

「鉄分」が入って無くても、思い入れがある方々も多いのではないでしょうか?

・EF81形103号機

大阪から青森までを直通運転で引っ張っていた電気機関車

・スシ24形1号車

トワイライトエクスプレスの「食堂車」です。

・オハ25形551号車

トワイライトエクスプレスの「専用客車」です。

・カニ24形12号車

トワイライトエクスプレスの「電源車」です。

・スロネフ25形501号車

トワイライトエクスプレスの「A個室車両」、いわゆる「ロイヤル」1室「スイート」4室のみの車両です。

世代によっては、ある意味憧れの車両でもありました。

スポンサーリンク

☆ランキング第3位:ブルートレイン

ブルートレイン

・EF58形150号機

「ブルートレイン」での電気機関車といえば、世代によってはコレを連想するのではないでしょうか?

・オハ46形13号車

昭和40年以降活躍した電気機関車です。筆者のイメージはこちらです。

・オロネ24形4号車

寝台特急「あかつき」「彗星」等で活躍したブルートレインの「A寝台客車」です。

☆注目ランキング第4位:蒸気機関車

SL

世代問わず、人気ですよね?

梅小路蒸気機関車館での展示車両もそのまま移行展示しているので、種類はかなり充実しています。

※…如何せん23車両もの種類があり、すべて掲載は少々無茶ですので一部のみの掲載とさせていただきます。

・D51形1号機

1,115両も作られた、いわゆる「デコイチ」です。

・D51形200号機

日本を代表する蒸気機関車として有名です。

・7100形7105号機「義経」号

明治にアメリカから輸入された最初の機関車。現存する車両は2014年に復元されたモノです。

☆注目ランキング第5位:電車

toki

…いわゆる国鉄時代によくお見かけした車両が多いです。
※以下、紹介車両は極一部です。

・クハ489形1号車

いわゆる「ワンコ」タイプです(笑)。なぜ「ワンコ」なのか、実際にご覧になっていただければ解ります(笑)
ちなみに、筆者にとってかなり思い出深い車両です。

・クハネ581形35号車

座席と寝台で両用可能な設備をもった車両だとか。

・クハ103形1号車

いわゆる国鉄時代の「山手線」「環状線」等でよく見かけた車両です。

ここに紹介されていない展示車両もまだまだあります。
気になる方は、2016/04/29以降、実際に行かれてからの確認をおすすめします。

<公式サイト>京都鉄道博物館

まとめ

筆者が気になる車両、見てみたいと思う車両は、以下のとおりです。

・トワイライトエクスプレス
・ブルートレイン
・新幹線
・いわゆる「ワンコ」な電車

…はい、わたしも鉄分入ってます(笑)。

そんなに詳しくはないですが、いわゆる「乗り鉄」です。

トワイライトエクスプレスは1回乗ったことがあるので、かなり思い入れが強いです。

かつて大阪市弁天町にあった「交通科学博物館」での展示車両も含め、計53車両が展示されるという「京都鉄道博物館」。

国内最大規模との事、鉄成分多めの方々は、1度は足を踏み入れるべきスポットなのではないでしょうか?
私も、付近にある京都水族館も含め、巡礼しようと考えています(笑)

「鉄分」が無い人も、京都観光ついでに足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

注)今回の画像は全てphoto-ac.comの写真をお借りしています。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!