びわの種が癌にいいらいしいけど実際どのくらい効果があるの?

わたしはびわの実が結構好きで、びわの葉のお茶も大好きでよく飲みます^^

そんな自分ですが、びわの種も、実は様々な効果・効用が期待できるアイテムであることを知りました。
そしてなんと、「癌にも効果が期待できる」という話も耳にしたんです。

スポンサーリンク

これは…絶対に気になりますよね?

そして…少し調べてみました^^;

びわの実

■びわの種の癌に関する気になる口コミ

というのは、「びわの種の粉末を飲みはじめて一週間後の診察で、肺にあった癌が小さくなってる」との診断結果があった、と知人から、以前に耳にしたことがあるんです。

『末期がんで余命3ヶ月と宣告されたペット(トイプードル)、ダメもとで「びわの種」を食べさせると5日めで自らエサにあり付くように。

2週間くらいで、腫れていたお腹が正常に。

そして1か月後、元気に飛び回っている。

かかりつけの動物病院の医者に検査してもらうと「癌細胞が消えている!」

…別の知人は「この結果はたまたまかもしれない。しかしペットの癌に有効なら、人間の癌にも期待できるのでは?」と、語っていた事があったのを思い出しました。

■びわの種の期待できる効能・期待できる効果とは?

ここで簡単にびわの健康面への効能とされることを簡単に見てみましょう!

含まれている栄養素としてビタミンB1、B2、B6、B17、E、K、H、葉酸等があり、その中でも【ビタミンB17】は要注目です。

この【ビタミンB17】は、アミグダリンと呼ばれ、癌に対し「代謝活動を活発、血液浄化を促す効果が期待できる」とされる栄養素だと言われています。

スポンサーリンク

■びわの種のおすすめの活用・摂取法■

だけど、びわの種ってどうやって食べればいいの?って思いますよね!

そこで枇杷の種のとり方を書いておきますね。

①:焼酎漬け

<材料>①35℃程度の「玄米焼酎」…一升

②皮をむいたビワの種…0.7~1kg

      <作り方>
      「玄米焼酎」でビワの種を漬け込むだけ。
      半年ほどでエキスが抽出され、色も茶色に変化します。
      熟成される程にその効果が高まると云われています。

②:丸1日蒸して柔らかくしたものを1日2、3個を目安にして食べる。

③:「びわの種の粉末」を飲む。

びわの種は、そのままだとかなり固いので、上記の方法や下記の商品等での摂取をおすすめします。

■「びわの種の粉」おすすめ商品

健康生活研究所 本店 健康の樹「びわの種粉末500g」

http://www.kenkou-itiba.com/shop/product/biwatane_powder500.html

もしかしたら、代表的商品かもしれません。

■「びわの種の粉」摂取時の注意事項

『アミグダリン』は体内で代謝されると『シアン化水素(青酸)』を生じます。

1度に大量摂取すると「青酸中毒」を起こす可能性があるので注意。

 1.少量からスタート(1gぐらいから?)

 2.段階を分け「30%」づつ増量

 3.体に慣らすために、継続後にさらに増量

身体の変化や様子を見ながら摂取を。

3gから摂取が適切、との声も多いですが、筆者は1gからを推奨します。

人によって反応が様々ですので、ごくごく微量からの摂取を心がけてください。

びわの葉

■まとめ

もし、癌に効果がある特効薬があるとされるなら、現状、その特効薬もある意味「劇薬」なのではないでしょうか?

びわの種も、使用量を間違えると中毒を起こすと云われるアイテムです。

また使用者によっても、効果が様々であり、使用する前に十分な熟考が必要と考えます。

リスク覚悟で使用するか?他の治療法を模索するか…。

少しでも他の治療法を、と願う気持ちも充分に解ります。

びわの種がどのくらい効果があるかと聞かれるなら、あくまで、民間療法と云われる方法のひとつとして、頭の片隅に覚えておけばいい情報とわたしは思います。

(画像元:photo-ac)

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!