庭の草取りのコツ、注意点を伝授!畑や芝生も簡単。

夏といえば、庭、畑・芝生などの雑草などの草取りに結構手間がかかります。

他にも屋外の駐車場や、門扉前、家の周りなども結構悩みませんか?

庭、畑・屋外駐車場、芝生等に生える雑草の草取りの方法やコツは元より草取りを不要にする裏技グッズまで紹介します。

スポンサーリンク

◆庭などの草取りのやり方・方法のコツ

直接雑草を抜く場合

基本は、

・根っこから抜く
・雨上がりで土が湿っている間に抜けば楽。

根から抜く場合、地面が湿っているときに抜くのが理想ですが、そのような時はジメジメしているし出来れば草の多いところに居たくないですよね^^;

ちょっと気合を入れて長靴を履き、蚊に刺されないようにしっかり装備をすればいいですけど^^

わたしは湿気が嫌いなので天気が良くまだ気温が上がらないときに草取りをするのですが、とにかく軍手をはめて雑草の根元に出来るだけ近い部分をしっかり持って引き抜いていますよ。

といっても個人の力には差がありますので、どうしても抜けないものはその部分にホースやジョロ、バケツをつかって水を染み込ませるのはいかがでしょうか!?

長時間の作業には椅子が意外と役立ちます^^

腰などへの負担や疲れを防ぐ対策には椅子を使うといいです^^

※大きめのタイヤが付いた、座ったまま草取りができる園芸椅子などの便利グッズがありますが、軽く持ち運びが出来る椅子があれば問題無いですね。

釣りとかで使うアウトドア系の椅子があると役立つかもしれませんね。

◆庭などの草取りの際の注意点

①小さな草の芽や根っこを残したままだと、そこから再度数日で雑草が生えてしまいます。

数ミリ~数センチ程度の深さで地面を削ることで草の根っこを切り、三角(草かき)ホーやレーキなどで土を上下ひっくり返し、草の種や芽吹いたものを土の下に押し込んで枯らす。

②タンポポ等の場合、種をつける前に処理しましょう。

草でも何でも、雑草ならたいてい花を咲かせて種を落として増えるを繰り返すからです。

③地下茎で広がるタイプは芋づる式に慎重に引っ張ろう。

根が真っ直ぐに伸びるタイプは周りを堀ながら可能な限り根を抜きましょう。

④井戸がそばにある場合、例え農地用の除草剤でも使用しないこと。

スポンサーリンク

◆庭の草取りを軽減するためのコツ、対策。

除草剤を使ってみるのも手ですね!

・定期的に除草剤を撒く。
・牛糞を撒く(畑や芝生のみ?)
・お風呂のお水(どくだみに有効)

①除草剤にも大きく分けて2種類あります。
農地用(畑や田んぼ)と荒地用(駐車場)の2種類ありますので購入するときにしっかり確認してくださいね。

②牛糞を撒く(畑や芝生のみ?)のもありです。

③お風呂のお水を撒くというのもありこれは手軽ですね

どくだみには有効ということです。

ドクダミはどくだみ茶が好きな私にとっては、悩ましいところですがやはりジメジメしたところに生えているイメージがあり、見た目も、匂いも独特なものがあり庭を演出するには不向きですね^^;

※除草剤の種類ではグリホサート系がおすすめです。

サンプル例⇒「サンフーロン」

サンフーロン 5L
価格:5380円(税込、送料別)

畑や田んぼ農耕地にも使用が可能な除草剤で使い安いし、有名なラウンドアップよりも安価なのでリピーターが多いです。

散布後に土に触れると薬効が消失、土壌、地下水への残留の心配がないのは安心です。

使い方によっては芝生も有効ですよ。

こちらの記事も参考にして下さいね!

除草剤をまくのに適した時期

・花見の前、梅雨前、夏の終わりに集中して草取りする。大草も2.3年するとかなり簡単になる。

・夏は、時間的には夕方よりは早朝の方がいい。

・ペットボトルに水と塩を入れ、しばらく外に放置。水が温まった頃(夕方)に雑草が生えている場所に撒く。塩水なので確実に枯らすことができる。

道具などを使用して草取り不要に?【秘密兵器】

・除草剤専用のジョウロを作り、除草剤をまく。
・噴霧器に除草剤を入れて使用する。
・雑草取りの場合は、医療用のゴム製の手袋を使う。プラスチック製のモノは破れやすい。
・面積が広いのであれば、三角(草かき)ホーやレーキを使用。
家の周り等は除草シートを敷きその上に砂利をかぶせる。

①除草シート

特にこの3種の雑草に有効⇒「チガヤ」「スズメノカタビラ」「スギナ」

サンプル例⇒「ザバーン防草シート240」

雑草対策の最終兵器です。

紫外線を遮断し、草に光合成をさせないという仕組みです。

数々の優秀な製品を生み出したことで有名なデュポン社の製品です。

レビューも合わせて読んでいただけるとわかりますが、安い雑草シートではイネ科の植物とかが突き抜けて破れてしまうそうですよ。

②【永土】庭などは草が生えない土を使う。

サンプル例⇒「永土」

これも画期的ですね^^

◆まとめ

草が生えない土まであるなんて知ってましたか?

また除草シートや、座ったまま草取りができる便利グッズなど如何に雑草対策に困っているかが、如実に感じられます。

というものの速攻で効果がある薬はやはり「劇薬」でしかなく即効性がある除草剤はやはり使う場所が限定されます。

ちなみに私は、家の周りなどに、強力な除草剤をまきました。

しかし、玄関先(道路に面する場所)は小まめに雑草などの草取りをするしかない、と半ばあきらめています^^;

理由、近所のペットの散歩コースになっているのでヘタに除草剤が撒けないのですね。

庭や畑、芝生など、雑草の草取りに適切な時期・タイミングを狙って小まめに刈り取るしか無いです。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!