海水浴はいつまで大丈夫?地域別まとめ★沖縄、伊豆、江ノ島、佐渡~

海水浴のシーズンはいつまでか?というとお盆である8月中旬までという慣わしや子供たちの夏休みが終了する8月末までというイメージがありますね。

前者は宗教上の理由、クラゲ、気候の要因、後者は子供達の夏休み終了や海水浴場の管理の問題が大きいです。

全国各地の有名海水浴場の終了日も載せていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

◆海水浴はいつまで?/通説の根拠?

8月中頃(旧盆)まで

・宗教的な伝承

宗教上の理由、及び昔からの伝承で「お盆の時には、現世に還っている先祖の魂に呼ばれあの世へ連れて行かれる」という話があり、年輩の方などは未だにお盆に泳ぐことに抵抗を感じる方は多いとの事です。

・クラゲ発生時期

※アンドンクラゲ…いわゆる電気クラゲ、サーファーにも恐れられてる存在です。

お盆過ぎになると、特に日本海側は大変なことになる程に、クラゲが大発生します。

海水の温度の推移は2か月遅れで変化があり、8月よりは9月~10月が最も海水の温度が高いとです。

お盆以降にクラゲが大繁殖する時期でもあり、大発生の原因にもなっている様です。

最近では海水温度が上昇する傾向にあるので、お盆を待たずに早い時期からクラゲが発生している海水浴場もあります。

・気候の理由

実は8月下旬以降、台風シーズンに突入、また9月に入ると、季節の変わり目(秋分の日・秋のお彼岸)を挟んでいわゆる「秋の長雨」に突入する事もあり、天候が不安定になりがちにあるため。

8月末まで?

・ある意味、海水浴場側の管理の都合

毎年7月~8月の営業期間は海水浴場側の監視員がいますが、9月以降となると「営業終了」となるため「管理外」となります。

従って「営業終了」後だと「管理外」なので責任が持てない。

「遊泳は8月いっぱいまで」としている場所も多い理由のひとつです。

実質9月以降でも泳ぐことは可能ですが、責任の所在は「自己責任」となります。

逆を言えば、9月以降も管理人がいればそのような意味で遊泳が可能、の理屈になりますが他の理由でなかなか「9月以降も管理人がいる」状況にはならないのが実情です。

以下、ざっくりと地方別ですが、9月以降も海水欲が可能なスポットや状況などご紹介します。

ここでいう「海水浴が可能」の定義は「泳げる期間」の事であり、海水浴場営業期間(管理人がいる期間)の意味ではありません。

スポンサーリンク

◆海水浴はいつまで?有名海水浴場を参考に。

関東・甲信越編

【茨城県】

~9月:阿字ヶ浦海水浴場
~9月:川尻海水浴場
~9月:大洗サンビーチ海水浴場
~9月:平磯海水浴場
~9月:姥の懐マリンプール

【千葉県】

~9月まで泳げる場所あり。

【神奈川県】

~8月:江ノ島 ※主な海水浴場は8月まで

http://www.kanagawa-kankou.or.jp/special/umi/

【新潟県】

~8/28:※主な佐渡の海水浴場
http://www.niigata-kankou.or.jp/oshirase/14060701.html

東海・北陸・中部編

【静岡県】

~8月下旬:伊東オレンジビーチ
~9月:伊豆白浜海岸 ※クラゲが比較的少ない海岸

【三重県】

~9月下旬:鳥羽白浜ビーチ

【福井県】

~8月下旬:鷹巣海水浴場

近畿・中国・四国編

【滋賀県】

~9月:近江舞子水泳場
~9月上旬:真野浜水泳場
~9月:宮ヶ浜水泳場
~9月:近江白浜水泳場
~9月:マキノサニービーチ知内浜

【大阪府】

~9月:二色の浜海水浴場
~9月:りんくう南浜海水浴場
~9月:淡輪海水浴場

【京都府】

~9月:天橋立海水浴場
~9月:平泉海水浴場

【兵庫県】

~9月:的形海水浴場
~9月:男鹿島 立の浜海水浴場
~9月:炉口海水浴場

【鳥取県】

~8月下旬:東浜海水浴場

【香川県】

※以下、小豆島の海水浴場
~9/11:土佐鹿島海水浴場
~9/4:小部海水浴場
~9/30:田井浜海水浴場
~8/31:オリーブビーチ
~9月:的形海水浴場

【兵庫県】

~8/31:須磨海水浴場

【和歌山県】

~9月中旬:白良浜海水浴場

九州・沖縄編

【福岡県】

~9月:能古島海水浴場

【大分県】

~9月:下梶寄海水浴場
~9月:中越浦海水浴場

【鹿児島県】

~9月:丸木浜海水浴場
~9月:サンビーチ指宿

【沖縄県】

~10月中頃:本島
~10月:石垣島
1年中?:宮古島 ※ただし秋・冬などはウェットスーツ着用

(画像:photo-ac.com)

◆まとめ

以上、「海水浴はいつまで大丈夫?地域別まとめ」のご紹介でした。

「海水浴はいつまで?」の問いですが、どの様な定義にするかにもよります。

「単に泳げればいい」のか?「管理人・監視員付き」の状態なのか?クラゲが発生しない時期なのか?

様々な意味において、海水浴が可能なやはり~8月末までが多い海水浴場が多い印象があります。

9月以降も遊泳可能な場所はごく少数。

泳ぐだけなら全然可能ですが「自己責任」の事を考えると、あまり慣れない場合は9月以降の遊泳はあまりお勧めしません。

自然相手では、どんなトラブルが発生するか予想が付かないモノです。

9月以降も遊泳したい場合は、ある意味海の知識の経験値を上げてからだと思いますがいかがでしょうか?

~8月末でも、自然をなめてはいけない事は同様ですが。、海水浴に適した時期に、気持ちよく海水浴したいですね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!