ワールドカップ開催前ブラジル|治安の悪さを数値化!日本と比較

ブラジルワールドカップで治安悪化、50都市で反対デモも。

ワールドカップを開催するブラジルの治安がここに来てまた悪くなっている様です。

ブラジル ワールドカップ 治安

(引用:http://www.tripadvisor.jp/Tourism-g303506-Rio_de_Janeiro_State_of_Rio_de_Janeiro-Vacations.html)

日本からもこの機会にたくさんワールドカップを見に行ってほしいですが、日本の30倍ぐらいは気をつけてください!

なぜ30倍か?これは私が単純に数値から感じた倍率です。

スポンサーリンク

■リオデジャネイロの殺人事件の認知件数は?

2013年以降は10万人あたり20人以上です。

日本はどのくらいかというと、

2012年のデーターですが0.8人です。

20÷0.8=25倍

です。

リオデジャネイロのデーターではは20人以上ですし、W杯開催間際でさらにブラジルの治安が悪くなっているので30倍と書いてみました。

ただこれは殺人事件につながるケースなので、ひったりや強盗ではもっと高い数値が出るかもしれません。

■ブラジルW杯でリオデジャネイロの街は?

2014年ブラジルワールドカップは決勝戦を含め7試合がリオデジャネイロで行われます。

ブラジル政府が見込んでいる60万人の外国人観光客の3分の2の40万人がリオデジャネイロに訪れることを予想しています。

■行ってはいけない場所!

ブラジルに行ったら所謂スラム街にいくとまずいです。

スラム街のことをファベーラと言います。

ここでは、貧困層が住んでいます。

ブラジルは近年経済成長を遂げていますが、最近ちょっとまた悪くなっているのと、成長を遂げることにより所得格差が広がっています。

そして、何より麻薬に関係する犯罪が多発しています。

絶対に近寄らないようにしましょう。

万が一巻き込まれたら、下手に抵抗しないようにしましょう。

銃を使用した犯罪が多くなっています。

スポンサーリンク

■ブラジルの都市部では?

スラム街だけでなく都市部でもひったくりや強盗には気をつけたほうがいいです。

女性だけでなく、男性も気は抜かないほうがいいです。

日本企業が多数あるサンパウロでも日本人の被害が多数出ているようです。

■レシフェでも大規模なストライキ。

日本代表がコートジボアールと対戦するレシフェがあるペルナンブコ州でも警察官がストライキを起こしている。

50パーセントの賃上げを求めいます。

ワールドカップではやはり特別なので気持ちは分かりますが、これにより治安がさらに悪くなり50の都市で政府への抗議デモが行われました。

国内の景気対策や雇用問題をないがしろにしてワールドカップを推し進めている政府に不満が爆発しているようです。

大丈夫でしょうか?

南アフリカの時よりも心配ですね。

準備も遅れているようなので、治安対策がしっかり出来るのか?すごく心配です。

日本の応援団の方も何事もないことをお祈りします。

■まとめ

外務省の「海外安全 ホームページ」にもブラジルについての危険情報がまとめられているので一読をオススメします。

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?id=259&infocode=2014T051

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!