映画レッド・ライトの感想とおすすめ関連書籍^^

映画『レッド・ライト』の感想と関連本

映画レッド・ライトを見ているんだけどこれ面白いですね。

自然科学を専攻し科学全般が好きですが、超常現象にも興味がある私の個人的な映画レッドライトの感想を書いています。

そういえば今ならGYAOでレッドライトの動画が無料で全部見れますよ。

スポンサーリンク

■映画レッド・ライトを見た感想。

出演は有名俳優のロバート・デ・ニーロ、シガニー・ウィーバーが出てる。

私にとってロバート・デ・ニーロは「レナードの朝」、シガニー・ウィーバーは「エイリアン」シリーズの人です^^;

デ・ニーロさんは「真実の瞬間(とき)」っていう映画も好きでした。

ちょっと偏ってるかな?

あとキリアン・マーフィーっていうアイルランド出身の俳優さんがかっこ良くて、いい味出してますね。

あっ!もしやこの人が主役??

目の瞳の色がすごく青ですね~。

身長は1m75cm、そんなものなんだね。

う~ん、175cmあれば普通に世界とわたりあえるのか^^;

私は大学が理系出身で科学にとても興味があります。

そんな科学になんで興味を持ったかというと宇宙や生命、人間への神秘さがあります。

そしてまだ自分が知らないこと、目に見えない予想外のことへの好奇心、憧れがあります。

つまり超能力とか超常現象、UFOとかUMAとかへの興味があります。

だから科学が好きなんですよね~きっと。

スポンサーリンク

そしてこの映画「レッド・ライト」はそんな私の好奇心をくすぐる様な映画でした。

アメリカでは2012年、日本では2013年公開の比較的新しい映画ですが、なんだかノスタルジーを感じてしまいます^^;

すでに見た方、そう思いません?

個人的には最後まで自分を隠していた??キリアン演じるバックリーがかっこよかったです。

内容も良かったですし、俳優人の演技もさすがですね^^

映画レッド・ライトの細かいストーリーに対しての細かい感想も書いています!

どうぞ!^^

↓ ↓ ↓
映画 レッド・ライトのネタバレ、あらすじと私の感想^^;

■映画レッド・ライトを見て興味を持ったら見たい本。

少し前に紹介された本で『メンタリズムの罠 TRICKS of the MIND 』があります。

この本の作者は手品やイリュージョンと言われるものは人間の目や心を突いた死角を利用したタネがあるということを最初に言っています。

その前提の上で人気があったイギリスのテレビ番組をやっていた人凄腕の手品師が書いた本みたいです。

はじめ紹介された時は、『ビジネスなどですごく役立つよ!』といこうことからでした^^;

「そうか人を欺いて物とかサービスを売るのか?」

と思い、罪悪感を持ちながらもちょっと好奇心が沸きました^^;

本は厚くて、読むのがちょっとしんどくて全部まだ読んでいませんが、悪用は厳禁ですね。

他この本の翻訳をしているマジシャンというかメンタリストのDIGOさんの本も面白そうですね^^

レッドライトをみてこの世界に興味をもったら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!