春菊という名前の由来は?花も食べれるの?

春菊の名前の由来について。

春菊という名前の由来について何かおかしいな?と思ったことはありませんか?

スポンサーリンク

冬といえば鍋、鍋といえば春菊。

春菊は11月~2月くらいが旬のイメージなのにどうして春なんですか?

冬菊ではないの? ^^:

1月に「新春○○祭り」という番組があるのも子供の時から不思議でなりませんでした。

立春もまだ寒いのに?と納得がいきませんでいた。

下記を読むとなぜ?か分かります!

春分と立春の違いは?【分かりやすく解説!】

■春菊の名前の由来

春菊 名前 由来

ズバリ、花が春に咲くからです。

とめざましテレビを見ていたら言っていました。(2014年11月17日)

茎や葉がまだ柔らかい食べる時期でなくて、花が咲く時期が名前の由来となっているんですね!

菊の花は普通、秋に咲くんですよね!

春になって花が咲くころになると茎が固くなりあまり美味しくないそうです。

まだ葉なら食べれるようですよ^^

スポンサーリンク

■春菊の花を食べる!食べられるの?

春菊の花は葉や茎に比べると苦味が強いそうです。

ですが食べれないこともないそうです。

春菊の花は確かに聞くにそっくりですね。

■めざましテレビで紹介していた春菊料理。

おまけです^^;

・銀ダラと春菊のポン酢しょうゆ炒め
・春菊のサラダ(生春菊にかりかりのジャコをのせたもの)

わたしは春菊を生では食べられないなぁ~
やっぱ炒め物だったらすごく好きす^^

■編集後記

わたしの様に食い意地のはっている人間は、こういう疑問をもつんでしょうか?

花が好きな人はやはり春菊なんでしょうか?

でもやはり、関西の方かな?菊菜とも言われる様に春菊は食用なんですねー

観賞用は普通の菊で十分ですからね^^;

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!