春分と立春の違いは?【分かりやすく解説!】

立春と春分の違いについてです。

スポンサーリンク

■最初に。

先日、春菊は冬11月~2月が旬なのになぜ?春の菊なんですか?という質問に対して説明したんです。

こちらです↓

春菊という名前の由来は?花も食べれるの?

簡単に説明すると、春菊は春に花を咲かせるからです。

他にこの話題に対して興味深いことも書きましたので時間があったら是非読んでみてくだいさいね^^

でその記事にも書いたのですが、立春もまだ2月で一案寒い時なのになぜ春が立つんだと小さいころわたしもおもいました。

結構なぜだろう?と思っている方が大人の方でもいらっしゃったので混乱しやすい立春と春分についてその違いを書いてみようと思います。

■立春、春分の違いは?いつ?何日ですか?

・立春とは2月4日です。

節分2月3日の次ぎの日と覚えてください。

この日は神霊界の暦では一番最初の日だそうです、つまり元旦にあたります。

これを基準にして春分、夏至、秋分、冬至などの様に二十四つの節気に別れています。

天文学でも黄道上に春分点、夏至点、秋分点、冬至点があります。

春分点・秋点はその2つの線が交わるところにあります。

・黄道(位置天文学で太陽が通る道筋を天球に描いたもの)
・天の赤道(赤道を天球に投影したもの)

すみません!小難しい話は避けます。

・春分は3月21日です。(うるう年は3月20日です。)

この日は秋分点と同様、昼と夜の長さが同じになる日です。

スポンサーリンク

■なぜ?立春は2月4日で一番寒い時期なのに春という感じがあててあるの?

これはわたしたちが暑く感じたり寒く感じたりする季節感から来ているのではなく、天文学的に昼と秋の長さが同じなる時を春分、冬至と決めていき、立春も二十四節気の分け方のより決まってきます。

もちろん太陽と地球の運行関係により正確に決まって来るものです。

なので形式的なものと考えた方が良いですね!

■編集後記

わたしは実は大学での専攻が地球科学だったため、天文学と気候学とかも勉強したんです。

それで季節とか暦とかにも興味があり、古天文学にも非常に興味があったんです。

現在は、全然やっていないのですが時々無償に勉強したくなります^^

多分わたしに会うときっと理系でしかも地球科学だったとは想像がつかないと思います^^;

今回立春と春分で混乱している方々にこの記事を書けく機会があってうれしく思います。

どうもありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!