赤ちゃんのクーラーの使い方? 寝るときはどうする?

赤ちゃんのクーラーの使い方は?寝るときはどうする?いつから使っていいの?など、赤ちゃんが生まれてから、初めての夏をむかえるお母さんたちの悩みどころではないでしょうか?

ここでは、赤ちゃんへのクーラーの使い方や注意点など紹介します。

スポンサーリンク

■赤ちゃんのクーラーの使い方(夜編)

熱帯夜など暑い夏の夜は、寝るときにしっかり部屋の温度を調整しないと赤ちゃんが熱中症になってしまいます。

その解決策としてクーラーを使うのもひとつの選択肢です。

注意点は、『28度くらいの温度に設定して、冷風が直接赤ちゃんに当たらないようにする』、『朝方は冷えるのでクーラーを一晩中つけっぱなしにせず、タイマーを設定しておく』などです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ体温調節をうまくすることができず、部屋の温度によって体温も上下します。

室温が高すぎると熱がこもって体温があがり、逆に寒すぎると低体温になってしまうので、特に生後1年未満の赤ちゃんのいる部屋の温度には気おつけてあげましょう。

■温度だけじゃなく湿度も大切

部屋の温度に注意がいきがちですが、湿度も大切です。

赤ちゃんが夏に快適に過ごせる湿度は60%以下といわれています。

ジメジメした湿気の多い日は、水分を出して湿度を下げる除湿機能で部屋の湿度を調節しましょう。

除湿するとジメジメ感がなくなり、過ごしやすくなります。

スポンサーリンク

■赤ちゃんのクーラーの使い方(昼編)

熱帯夜も困りますが、猛暑日が続くと日中も部屋は蒸し風呂のようになり、熱中症や夏バテが心配になります。

昼間もクーラーを上手に使って室温を調整し、赤ちゃんに心地よい空間を作ってあげましょう。

部屋の温度は、26度~28度くらいにするのがいいそうです。

外気温との差が5℃以内を目安にすると体調をくずしにくいそう。

クーラーと扇風機を併用し、扇風機を回してクーラーの冷たい空気を循環させるのも有効です。

熱い空気は天井近くに溜まるので、扇風機の風を上向きにするのが早く室温を下げるコツです。

また、室温が適温まで下がり扇風機だけ使う場合、扇風機は微風にして首ふりにする、もしくは、弱風にして風が直接赤ちゃんに当たらないように壁や天井にむけ、長時間つけっぱなしにしないようにしましょう。

■快眠しているか知る方法は?

まだ、話すことのできない赤ちゃんが暑すぎず、寒すぎず快適に寝ているかどうかは、手足を触ってみるとわかるそうです。

一般的に、赤ちゃんの手足が冷たくてもお腹や背中が温かければ快適にしていると判断でき、一方、お腹や背中が冷えているときは、室温を上げるか衣類や布団で温かくしてあげます。

また、お腹や背中に汗をびっしょりとかいているようなら、室温を少し下げるか衣類を薄着にするなど涼しくしてあげるのがよいそうです。

クーラーなどで手足などの末端が冷やされすぎると、脳から体温をあげる指令が出て、背中に汗をたくさんかくことがあるそうなので注意してあげましょう。

■関連記事

>>赤ちゃんがスヤスヤ眠れる熱帯夜5つの対策

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!