ダンゴムシの駆除方法 !【5種類の定番の殺虫剤を紹介。】

ダンゴムシの駆除方法を知って、大切なガーデニングした庭や畑を守りましょう!

触ると丸くなるダンゴムシ。

実は土壌を豊かにしてくれる半面、新芽などのやわらかい葉っぱや根を食いあらす害虫の側面もあります。

ここでは、ダンゴムシの特徴とその駆除方法などについて紹介します。

スポンサーリンク

■ダンゴムシの害

ダンゴムシとは・・・

日本におよそ100種類が生息しているというダンゴムシ。

5月から10月にかけて発生します。

枯葉を食べ堆肥へと分解し、土壌を豊かにしてくれます。

その反面、畑や花壇に植えたばかりの幼苗や新芽などを食べてしまう害虫でもあります。

夜に活動を活発化させ、枯葉や石の下など暗くて湿気のある場所を好みます。

また、よく家の中に侵入してくるダンゴムシは“オカダンゴムシ”と呼ばれるダンゴムシです。

■ダンゴムシ駆除に効く薬剤いろいろ

ダンゴムシの駆除にはどんな薬剤が効くのかいくつか紹介します。

★サンケイデナポン5%ベイト(ペレット剤)/住友化学園芸

そのまま散布するだけで害虫を誘いだし、食べさせて退治する誘引殺虫剤。

対象作物はキャベツ、はくさい、だいこん。

★アースガーデンお庭の虫コロリ(顆粒剤)/アース製薬

顆粒状の誘引殺虫剤。

撒く時は花壇など全体に撒くのではなく、土壌の汚染を最低限にするため、2〜3メートル間隔で小さな山をつくって撒いていくのがよいそうです。

スポンサーリンク

★アリアトールエアゾール/住友化学園芸

スプレータイプの殺虫剤。速攻性があり、臭いはほとんどなく、植物にもやさしい。

ノズルから薬剤を噴霧するので、狙った場所にピンポイントで届きます。

★シャットアウトSE(粉剤)/三共アグロ

広範囲に撒く粉状の殺虫剤で、ダンゴムシを一網打尽したい時に効果的です。

散布中に空中に飛散しにくいようになっています。

★ムシクリンジェル歩く虫用/イカリ消毒

害虫にジェルがまとわりついて駆除するタイプ。

液だれしにくく、垂直のタイルにつけるとダンゴムシが這い上がってくるのを防げます。

ノズルを代えれば噴霧することもできます。

■その他の駆除方法

新聞紙トラップ

薬品を花壇や畑に撒かずに駆除したい方には、新聞紙トラップを提案します。

といっても難しくはなく、ただ、風に飛ばされないように地面に新聞紙を敷くだけです。

数日後に新聞紙をめくるとダンゴムシが大量に集まっているので、一網打尽にしましょう。

しかし、思いのほかダンゴムシは素早いので、もたもたしているとあっという間に逃げられてしまいます。


プラスチックコップトラップ

花壇の隅に穴を掘って、パーティーなどで使うプラスチック製のコップを設置。

中にはダンゴムシを誘うスルメなどの臭いのある乾物を入れてます。

すると数日後には大量のダンゴムシが掛っているんだそうです。

プラスチックだから一度入るとツルツル滑ってダンゴムシは這いあがれません。

コップの中なので、新聞紙より捕獲しやすいと思います。

このほか、食用酢を20倍〜50倍ほどに薄めたお酢スプレーを散布する方法もあるようですが、酢の臭いがきついので、家の中は避けたほうがよいでしょう。

また、巷で「コーヒー豆のかすを畑に撒くと虫の駆除ができる」と言われているようですが、実際のところ駆除はできないようです。

むしろコーヒーかすはダンゴムシの好物のようで、集まってきます。

・・・ということは、先ほど紹介したプラスチックコップトラップの中にエサとしてコーヒーかすを入れてもいいかもしれません。

■関連記事


①ゴミムシの駆除方法【意外と知らない!】と種類別の害を掲載!

②除草剤のおすすめベスト3は?種類豊富な除草剤の選び方。

③子供に安全な除草剤とその注意点!手作りの除草剤3つを紹介。

④ディートの虫除けの安全性は保証されていますか?赤ちゃんが心配!

■まとめ・・・

新聞紙トラップかプラスチックコップトラップでダンゴムシを大量に集め、そこをスプレータイプの殺虫剤で一撃!もしくは、プラスチックコップの中にエサと一緒に顆粒状、粉状の殺虫剤を入れて一網打尽!

どちらも、環境に比較的やさしい駆除として有効な方法ではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!