子供の椅子の座布団はどうしていますか?おすすめは・・・!

昔から学校の子供の椅子に座布団や防災ずきんは必須で、どの子も手作りの座布団・防災ずきんカバーを持っていましたよね。

長年続く、この文化ですが、最近は共働きの家も増え、以前にまして、ママも裁縫を行う時間が少なくなってきています。

ほとんどの幼稚園や小学校で必要となる座布団、防災ずきんとそのカバー、他の人はどうしているか、気になりませんか。

実は手作りだけでなく、生地を選んで、あとはお店にお任せのものまで今は様々。

作り方や、忙しいママの救世主を紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の自宅学習椅子にも愛情こもった座布団で応援!

家の学習机にも、座布団をつけていますか?

宿題や塾の勉強に子供も大忙し。

そんな時に、かたい椅子の上じゃなんだか勉強も進まない・・なにも言わない子供にそっと座布団を!

勉強がはかどるだけでなく、姿勢の矯正にもなるので、できるだけ学習机には座布団があったほうがいいのです。

購入時に付属でついてきた座布団でも良いのですが、背もたれつきのがあれば尚よし!

勉強に集中できない子供達も一気に集中力があがりますよ。

ママが作るだけじゃない!今やオーダーできる時代。

共働きの家も増え、作ってあげたいけれど時間がなかなかとれない・・や、裁縫が本当にできなくて・・と誰にも話せない悩みを抱えている人もいますよね。そんな人々に、制作代行をしてくれる場所が増えているんですよ。ここでいくつか紹介しますね。

(1)子供は宝ドットコム

(2)Luciole

(3)木綿屋 コットンチャック

(1)は、オーダーメイドが基本ですが、すでにホームページで気にいったものがあれば、それを購入すすことも可能です。ただ、数に限りがあります。

(2)は、セミオーダーメイドも承っていて、形は同じで良いんだけど、デザインを変えたい・・という人におススメです。

子供が好きなこの柄で・・などのリクエストに応えてくれますよ。

学校のサイズが決まっている場合も相談次第なので、気になった人はまずは連絡してみましょう。

どれもかわいらしいのですが、(3)はネットでの販売も行っていて、オーダーはネットでも実店舗でも可能。

クオリティも高く、目で見て既製品を実店舗で購入もできます。

他にもネットショップや店舗がありますが、忙しい方々におススメはネットでのオーダーです。

ネットで好きなデザインを選べて、代行してくれるシステム、使用してみませんか。

スポンサーリンク

子供の座布団の作り方は?

自分で作るならシンプルに簡単に!

やっぱり自分で作りたい!という方はこちらが参考になるでしょう。

四角形なので、裁縫はあまり好きじゃくて・・という人も実は簡単に作ることができるんです。

まっすぐ縫うところが多く裁縫初心者にも優しい!

ちょっと気をつけなくてはならない所は椅子にかけるゴムの部分をしっかりつけるところや、角をしっかりだすところでしょう。

手作りなら、思いのママ」というこのサイトには、幼稚園用の座布団から、小学校の防災ずきん用まで、形別に無料で型紙を配布してくれています。

最近では、布を購入したお店で型紙が貰える場合もあるようなので、確認してから行くと良いかもしれません。

まとめ

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

参考になりましたか。

ママが作ったものを持っていくのが、子供にとって良いのかもしれませんが、必ずしもママが作らなくてはいけない!という決まりはありません。

素敵なデザインを選んだり、子供と一緒に選びに行き、裁縫代行に頼むのも一つの手ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!