防災頭巾の洗い方、ケアの方法!洗濯機は駄目だけど、手洗いなら??

防災頭巾の洗い方に種類別についてまとめました!

スポンサーリンク

幼稚園も小学校も夏休みが始まり、防災ずきんを持って帰ってくる小学生や幼児がほとんどだと思います。

一学期間使って汚れた防災ずきん、洗い方に迷いませんか?

防災ずきんのカバーは剥がして簡単に洗濯できますが、本体は洗えるのでしょうか?

洗濯機でガラガラ洗ってしまうと綿がよれてしまいそうだし・・他の人はどうしているか気になりますよね。

今回は種類別、防災ずきんのケアの方法や洗い方を紹介します。

洗濯不可の表示でも手洗いなら可能!

大体の防災ずきんには「洗濯不可」の文字が確認できると思います。

でも、布の防災ずきんの場合、幼稚園や小学校で食事中に牛乳をこぼしていて染み込んでいるかもしれませんし、一学期間の汚れをは今のうちにキレイに落としておきたいですね。

他の物と一緒に長時間洗濯機に入れると、綿がよれてしまう可能性が高く、せっかく洗ったのに、形がグチャグチャなんてことも・・

結局買い直す羽目になるので二度手間です。

おススメは、手洗いです。

お風呂や桶につけて押し洗いし、汚れを出します。

その後、ただぶら下げて干すだけだと、綿がかたよってしまうので、洗濯機の短時間の脱水モードで防災ずきんだけを入れてソフト脱水をしてから干すのがポイント。

脱水が終わってからすぐに取り出し、叩くように整えて下さいね。

私の場合、母が昔防災ずきんを洗濯機で洗ったことがありましたが、なんだかペッたんこで、お尻の下にある感じがしなくなったのを覚えています・・

スポンサーリンク

シルバー防災頭巾の洗濯方法は?

布や綿が入っている長方形の防災ずきんの洗い方を紹介しましたが、幼稚園で幼児が使用するものの多くが正方形でシルバーのものです。

シルバー防災頭巾と呼ばれ、消防署員と同じものや、それに近いものなんです。

このシルバー防災ずきんは、ポリエステルで燃えにくい加工がされています。

また、洗濯してもこの効果は持続するように作られているので洗濯可能です。

しかし、洗濯機で洗うのは少し心配ですよね。

洗濯機を使用しないで下さいという表記はありませんが、洗濯機を使う場合は、洗濯機のソフト洗いの使用をおススメします。

様子を見ながら洗いましょう。

外側がシルバーで水も染み込みにくいので、見た目が綺麗であれば、シルバー部分を除菌スプレーで拭き、干すだけでもいいですね。

みんな防災頭巾って洗ってるの?

手洗いであれば防災頭巾を洗うことができますが、実際はどれほどの人がしっかりと防災ずきんを洗っているのか気になりますよね。

子供がいる友人などに聞いたところ、幼児、小学生問わず、ほぼ洗っていないようでした^^;

シルバーの防災頭巾はよく絞ったタオルで拭いたり、除菌スプレーで拭き、日の当る所に干すぐらいに人が多いですね。

年末に持って帰ってくる時には洗うことが多いですが、しっかり洗うのは1年に1回の人が多いようです。

防災ずきんのカバーは二つくらい持っている人が多く、カバーは一学期に一回だけではなく、汚れたら洗っているようです。

まとめ

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

防災頭巾の洗い方、参考になりましたか?

まとめると、防災ずきんには、カバーがあるので、本体の防災ずきんはあまり洗わなくても大丈夫!

汚れていたら手洗いで洗うのが無難です。

どうしても手洗いじゃなくて洗濯機・・という人は、ソフト洗濯と軽く様子を見ながら脱水しましょうね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!