2015年の十三夜はいつ?その由来や十三夜関連の歌や本も紹介!

2015年の十三夜はいつですか?

急に上司に話題をふられても、いきなり外国人に説明しなくてはならなくなっても、これさえ押さえておけば一目置かれること間違いなし!

2015年の十三夜はいつだろう?から、そもそも十三夜ってなんのこと?社会人として知っておきたい日本の行事の一つ、十三夜の意味を一から説明します。

スポンサーリンク

十五夜はよく耳にしますが、十三夜はあまりよく知らない人も多いと思います。

聞き慣れない十三夜を今回は一から紹介していきます。

2015年の十三夜はいつ?由来はあるの?

十三夜とは、旧暦の913日の夜の事です。

因みに十五夜は旧暦815日の事だとはご存知ですよね。

十三夜は、十三個のだんごををお供えし、すすきや秋の七草を飾り収穫に感謝するのです。

因みに由来はというと、さかなぼること平安時代。

この時代に、月は収穫に大きな影響を与えるとされていました。

満ちたり欠けたりすることで、農作物も成長していくので、農作物の神様であると思われていたんですね。

プラネタリウムも月や星の秘密も多くは語られていなかった時期ですから納得できます。

名前の由来は見たままですが、十三日の夜の事を指すので十三夜なのです。

十五夜が秋の一番キレイな月で、十三夜はその次にキレイな月だといわれていて、2015年は、1025日(日曜日)が十三夜です。

今年の天気はどうでしょう。

ちなみに2015年の十五夜は9月27日(日曜日)です。

スポンサーリンク

片見月って縁起が悪いって本当?

片見月って・・何?という人が多いと思います。

意味は名前の通り、片方の月だけを見ること。

十五夜と十三夜は昔からセットで考えられていて、十五夜の月を見た場所から十三夜の月を見ないと不幸や不吉とされていました。

じゃぁ何でセットで考えられているの?と次から次へと疑問が出てきますが、この言い伝えや由来は、実は遊女の蔓延る吉原ではないかと言われています。

客を呼び込むために誰かが言い始めたものだとか・・本当にそうであれば、縁起は悪くないのでは・・?彼らの営業センスに驚いてしまいますね。

十三夜について書いている人が意外といるって知ってる?

十三夜について書いたり、歌をうたっているひとが実はたくさんいるんです。

みなさんも知っている名前があると思いますよ。紹介していきます。

  1. 樋口一葉
  2. さだまさし
  3. 鈴木 雅之

最低1人は知っている人がいたのではないでしょうか。

樋口一葉は、「十三夜」という小説を書いています。

もしかすると学校の教科書にも載っていたかもしれません。

覚えていますか?

そして有名なさだまさしさん。彼は「十三夜」という歌の作詞作曲を担当しています。

それの曲の歌い手が、鈴木雅之さんなのです。

まさに十三夜には欠かせない人だといえます。

個人的に、樋口一葉の「十三夜」にしても、さだまさしさんや鈴木雅之さんの「十三夜」も、なんだか恋模様がメインなような気がしてなりません。

本来は秋の収穫をお祝い・感謝するものだとされていますが、どうなのでしょう。

みなさんはどう思いますか?

まとめ

参考になりましたか。

十五夜を見たら十三夜も見ないとダメ!と本当に遊女や吉原の人々が人を呼び込むために作った話なのでしょうか?

気になりますね!

まとめると、十三夜はいわゆるお月見のこと。

十五夜のあとにあるイベントで、十五夜の次にキレイな月が見えるとされています。

20151025日の十三夜、十五夜を見た人も見ない人も、見逃せないですね!

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!