日本のハロウィンは勘違い?コスプレがおかしい?海外の反応は◎!

日本のハロウィンはおかしい?勘違い?実は日本のハロウィンの進んだコスプレは海外から賞賛される程になっています。

ハロウィンの本場であるはずのイギリス在住の日本人が見た海外の反応をハロウィンの由来をもとに綴っています^^

スポンサーリンク

日本でも9月に入ったころからハロウィンの商品が店頭に並びますよね。

キリスト教徒の行事であり、日本には馴染みがさほどなかった十数年前に比べると、コスプレパーティのように子供から大人までの衣装があり、迷ってしまうほど。

今回は、なんとなくハロウィンをやっているあなた!いまさら聞けないハロウィンの由来や各国のハロウィン事情などの情報をお届けします。

ハロウィンって何?

10月31日、ハロウィンは元々、数千年前のケルト民族の祭りだと言われています。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭りです。

現在は、どこの国より大々的にハロウィンを祝っているのはアメリカですが、これもアイルランド系の移民が持ち込んだものあり、本当のところはイギリスやアイルランドが大々的にやっているべきところ・・なのですが、私が住むイギリスでは10月31日に祝う習慣はほぼなくなってきています。

私の家には、近所の子供達がTrick-or-treat といい仮装してやってきてお菓子を貰いにくるので準備をして待っていますが、それを好まない人もいるので、そういった人たちは悲しいですが、居留守を使ったり、玄関周りの電気を消しています。

それが来ないでほしい合図なのです。

因みにTrick-or treatという言葉は「お菓子をあげないといたずらしちゃうぞ」と訳されることが多いですが、元々の由来は、この祭りの為に農民が食べ物を貰って歩いた時代をまねたのが始まりです。

スポンサーリンク

かぼちゃのちょうちんは元々○○だった?

ハロウィンといえば、かぼちゃとかぼちゃをくりぬいて作ったJack-o-lanternが有名でしょう。

ジャックのランタン(提灯)というこのJack-o-lanternですが、元々はカブで作られていたのです。

ジャックがお化けにもなれずにさまよっていた時、このカブで作られたランタンを持っていたといわれています。

ですが、ハロウィンがアメリカに伝わると、カブがイギリスほど主流の食べ物ではなかったので提灯を大きくて頑丈なかぼちゃで作ったのです。

子供に英語を教える時にこの話をよくするのですが、とても親切にわかりやすく書かれているハロウィンの話がありますので、見てみて下さいね。

ハロウィンかぼちゃのお化けの由来

日本のハロウィンは勘違い?コスプレがおかしい?

世界中で話題になるほど!日本の仮装がすごい!

テーマパークも仮装可能な日を設けるほど盛りあがる、日本のハロウィンイベントですが、その仮装がもはやコスプレであると海外でも話題になっています。

世界で一番と言われるほどです。

ここぞとばかりに店頭にはセクシーな衣装も並んでいて、最近はもう、本当のハロウィン要素はないのかもしれませんが・・。

2015年流行りそうなハロウィン仮装、コスプレ!

2015年のハロウィンは、どんな仮装や衣装が流行るのでしょう。

ディズニーキャラクター

ゾンビ

ポリス

着ぐるみ

マスクもの

①ディズニーキャラクターは、アリスやミニーマウスなどのスカートでかわいい衣装が流行りそう。

毎年一着ずつ増えている人もいるようです。

②ゾンビは、お友達同士集まって、何人かでやる人が多いです。

衣装も比較的安く抑えられるので学生におススメです。

③ポリスは女の子がやることが多いですが、完全にコスプレですね。

ハロウィンとは関係ですが、毎年人気があります。

④着ぐるみは温度が下がってきた10月末に温かくてかわいいので人気があります。

特に売れているのがご当地キャラのものです。

⑤マスク物は、たとえばスパイダーマンや、女性であればキャットウーマンなどが人気が高く、手もかからずに仮装できますね。

まとめ

いかがでしたか、参考になりましたか?

今年もあと数ヵ月後にはハロウィンがやってきます。

友達と一緒に仮装してもよし、みんなきてからのお楽しみでもよし。

外で行う場合は、しっかりと交通ルールや迷惑になることは避けて、より楽しいハロウィンにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!