登録販売者と第二種医薬品・第三種医薬品の違いって?

登録販売者と第二種医薬品・第三種医薬品の違いを分かりやすく説明します。

実際にどんな商品が第二種や第三種に分類されているか、ご存知ですか?

また、薬剤師が必要な商品や、ネット販売ができる商品など、もう、本当にたくさんの商品があり、消費者側としてはなんだかややこしい・・

今回はこの「第二種医薬品・第三種医薬品」に注目し、販売方法の違いなどを紐解いていきます。

スポンサーリンク

ドラッグストアに行くと少し前からよく目にする、「第二種医薬品」「第三種医薬品」という言葉。

よく耳にするようにもなりましたね。

薬剤師が販売できる? 登録販売者が販売できる?

第二種・三種医薬品という言葉を聞くようになってから、登録販売者という言葉も合わせてよく出てきます。

登録販売者は、2009年に出来た資格で、ドラッグストアの店長やスタッフでこの資格を持っている人が大半です。

薬のスペシャリストと言ったらいいでしょうか。

彼らが販売できるのは、市販薬のみと限られています。

そう、登録販売者は、ドラッグストアなので売っている、処方箋の必要のない薬を説明、販売できる資格なんです。

では薬剤師はというと、登録販売者が販売できる薬と合わせて、医師から発行された処方箋を見て薬を調合したり、販売することができるのです。

なんとなく違いがわかってきましたか?

ネットで購入することのメリット・デメリット

インターネットが普及した今、薬もネットで買える時代となりました。

個人的には少し怖い様な気もするのですが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?

スポンサーリンク

厚生労働省が発行した資料「一般用医薬品のインターネット販売について」ここに、少し長いですが、わかりやすく図面付きで、どのような基準なのか紹介されています。

インターネットで購入できる薬は、処方箋の必要のない、一般医薬品に限られます。

有名な商品名をあげるとすれば・・「頭痛がするから・・あ、バファリン買おう」「ちょっと風邪気味だからルル・・・」を外に行かなくても購入出来ちゃうのです。

ネットで薬を購入するメリットは、外に出ずに購入できる点や、人目につかずに買いたい薬が購入できるところでしょう。

デメリットは、自己判断になるので、その人にあった薬ではない場合があったり、対面でない為、犯罪に使用される可能性が高くなるところだと言われています。

朝から夜まで仕事で・・という方には嬉しい仕組みだと思いますが、これにより、段々と人との関わりも少なくなっていきそうですね。

第二種医薬品と第三種医薬品

第三種から第一種まである医薬品の分類ですが、何が違うか、どこが違うか、ぱっと見ただけでは判断できないですよね。

どのようにして購入できるのか?

第三種から第一種医薬品まで紹介していきます。

(1)第三種医薬品

購入する際に薬剤師や登録販売者と話がしたいと希望すれば話すことも可能ですが、基本的に登録販売者も薬剤師も必要がなく購入ができる医薬品です。

(2)第二種医薬品

登録販売者か薬剤師になるべく指示を仰ぎ購入して下さい。という薬です。

絶対ではないですが、専門家に指示をもらうほうがいいですよというニュアンスですね。

ただ、指定第二種医薬品と呼ばれる医薬品、例えば「イブクイック頭痛薬」などは薬剤師から7メートルの範囲に置かなくてはいけないという決まりがあります。

(3)第一種医薬品

薬剤師のカウンターの中やショーケースに入っている薬が第一種医薬品にあたります。

登録販売者では販売が出来ず、必ず購入時には薬剤師からの説明を受けなくてはなりません。

例外はありません。

具体的には、アレルギーや花粉症の時によく見かける「アレジオン10」という商品などは説明がないと買えない薬になりますよ。

まとめ

参考になりましたか?

第二種医薬品・第三種医薬品にさほどの違いは感じられませんが、医薬品の購入には、登録販売者か薬剤師の指示を仰ぐのがいいでしょう。

薬剤師が販売できる第一種医薬品は、処方箋が必要な薬と同じような効き目があるものも多いので、しっかりと説明を聞かなくてはなりません。

急いでいるからと言って説明を聞かずに購入することはできません。

関連記事

こちらは話題のジェネリック薬品についての説明がされている記事です。

よろしかったら読んでみてくださいね!

>>ロキソニンのジェネリックの名前を掲載!通販で買える!

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!