秋旅行のおすすめ!ヨーロッパ3か国、穴場情報も?【海外編】

秋のおススメ海外旅行先としてイギリス在住の筆者がヨーロッパの3か国を紹介します^^

秋に行くメリットや穴場情報などお見逃しなく!

スポンサーリンク

学生は夏休みが終わり、9月からは学校が始まります。

社会人の皆さんは、夏休みが取れずに秋に少し遅れて夏休みを取る人もいますよね。

今回は、学生だけど、まだ学校が始まらない人や、遅れて夏休みをとる皆さんに向けて、秋のおススメ海外旅行、ヨーロッパ編をお送りします。

そうそう、忘れてはいけないシルバーウィークも秋にありましたね!

秋旅行といえば、シルバーウィークで長期休暇を取る人も注目ですよ。

秋旅行、ヨーロッパおすすめ3選!

①女性も男性も楽しめるファッショナブルな街といえばここ!

女性のあこがれの街、パリ。

夏は日本ほどではないですが、気温が高く、紫外線が強い為、短時間日焼け止めを塗らずに外出しただけで、真っ赤になってしまいます。

逆に冬は、凍てつくような寒さで、耳が痛くなるほど。

パリに行ったら足を運んでおきたい、ルーブル美術館やエッフェル塔は一年中長い列に並んでやっと入ることができます。

せっかくの休暇で旅行に行くわけですから、炎天下や凍える寒さの中、長時間待つのは避けたいですよね。

滞在中や帰国後に体調を崩してしまっては元も子もありません。

また、夏や冬は、ヨーロッパの人々もホリデーといって長期休暇を取りますし、学校も長期休みとなるので、想像以上に混んでいます。

初の海外旅行の方も、旅行上級者の方も、パリに来るなら秋がおススメです。

スポンサーリンク

②一度は足を運びたい、人気のピーターラビット発祥の地へ

日本でも馴染みのあるピーターラビット発祥の地といえば、イギリスです。

日本の冬休みにあたる時期が、学生、社会人やお年寄り、全ての年齢層で混みあります。

夏は北国と言えど日差しが強く、パリなどと同様に紫外線で肌が真っ赤になってしまいます。

冬は雪も降り、曇りの日が多く日照時間も6,7時間程なのですが、やはりイギリスのイメージは冬なのでしょうか。

ロンドンを始め、各地で日本人を見かけます。

そう、そして意外と穴場の季節が秋のイギリス。

夏休みも終わり、各地の観光スポットも一気に人が減り、無料で入れる博物館もゆっくりと見ることが可能です。

また、日本人で賑わう、「ウィンダミア」。

大きな湖と趣深い雰囲気があり、ピーターラビットの作者が住んでいたことでも有名なこの土地では、紅葉が楽しめ、通常20分~並ぶカフェや博物館などにもすんなりはいることができます。

大人な旅をしたい方にはぴったりですよ。

③秋までが見どころ満載のベストシーズンのスペイン

スペインはバルセロナ、この地中海に面している街は、サグラダファミリアを始め、有名なガウディの作品で埋め尽くされています。

美術や美術遺産がたくさんある街で、天候を考えると、秋がベスト。

春から秋までがスペインは旅行シーズンだといわれていて、夏の昼間は日本と同じくらい、また、それ以上に暑い日が続きますし、春はまだまだ肌寒いんです。

秋も温度差はありますが、昼間は半そででちょうど良いくらいの25度前後の日が多いので温かく、過ごしやすいので天候面で考えてもおススメ。

ヨーロピアンの休暇ももう終わっているので美術作品をゆっくり見れますし、短期間の旅行で全て回れるか心配な方も、並ぶ時間が少なく、多くの観光地を巡ることができます。

まとめ

秋旅行のヨーロッパおすすめ3選、最後までお読み頂きありがとうございます。

いかがでしたか?

イギリスに住んでいる私の、秋旅行おススメ3カ国を紹介しました。

実際に秋に旅行に行って、良かった国々なので、みなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

是非フォローをお願いします!